どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

綺麗でしょう?

アコーディオン
 先日の記事に、アコーディオンのことを書きました。
 上の写真が、そのアコーディオン。
 改めて写真を撮ると、またその美しさにほれぼれしてしまう、綺麗なアコーディオンです。♪

 41鍵120ベースのフル装備ながら、鍵盤がミニタイプになっていて、女性にも比較的扱いやすいサイズです。
 何より気に入っていたのは、赤い鍵盤。
 本当に綺麗な色合いで、アイボリーやゴールドとの相性も素敵でしょう?おんぷ2
 アコーディオンの中古市場は、コレクションしている人もいるくらい、魅力的な個性あふれる楽器が多くて、その音色と共にいまだに心惹かれますが、蛇腹の重さなど演奏する上の困難もあり、エレクトーン、ギター…と選んでいくと、練習をすることが困難なので、今回涙を呑んで手放すことにしました。泣

 短い期間でしたが、先生について習って、たった1回出た発表会で「小さな木の実」を娘のリコーダーと共演したり、エレクトーンのESでも、アンサンブルでエレクトーンをアコーディオンに持ち替えて演奏した、思い出深い楽器です。絵文字名を入力してください
 でも、もっとちゃんと弾いてくれる人、せめて飾っておける環境の人に使ってもらうのが楽器にとっても幸せと思い、手放す決心がつきました。

 とっても、綺麗で素敵なアコーディオン、楽しい思い出をありがとう。
見てくださった皆様もありがとうございました。ハート
 
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

鳥オルガン

 月刊エレクトーンの最新号を買いに楽器店に行ったとき、ふと目にとまった「大人の科学」。
タイトルを見ると「手回し鳥オルガン」だって…ハート
 
 音の出るもの何でも好きな(無法松みたい…古?ガーン)私は、こういうものに滅法弱く、数ヶ月前も同じ雑誌の「ミニテルミン」を購入し、怪しい(アハハ)楽器を組み立てた記憶も消えないはずなのに、しばらく迷った挙句、気づくと月エレと共にレジに持って行っていましたかお

 組立前は、こんな感じ…。矢印
140_4093.jpg
 オリンピック中継を見ながら、雑誌と首っ引きでドライバー片手に頑張って2時間後、何とか完成びっくり
140_4095.jpg

 ミニテルミンのときは、蚊のなくような音しか出なくて、それでも、テルミンの仕組みがわかったから良しとしよう…という感じだったのですが、こちらのほうが幾分楽器らしい…。
 でも、エレクトーンを弾きなれた身からすれば、やっぱり楽器というより、おもちゃという感じが正直なところかな?
 ただ単に組立がうまくいっていないだけかもしれないし、手回しの技術に問題があるのかもしれないけど…音符
 
 昔はこれを鳴らして、鳥に歌を覚えさせたそうですが、今ならCDを鳴らしたほうが早いんでないの?と突っ込みたくなってしまうほど…こら

 でも、そんな頼りない音色も何だか愛らしく、よく考えればエレクトーンのご先祖さまのような存在。
何より「鳥オルガン」というネーミングがいいですね。ピヨ
 何曲か付いているカードにパンチで穴をあけるのも、かったるいけど楽しいし、アナログな感じが面白い。
 
 というわけで、楽器というには微妙だけど、エレクトーンの練習に疲れたら、ちょっと遊んでみようかな~という存在なのです。オンプ
 大好きな「オルゴール」などに関する記事もあって、私にとっては買って正解でした。

Posted by とんとこ   9 comments   0 trackback

憧れのジャズ!

 4月から教育テレビで始まった「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」、毎週録画して、楽しみに見ています。

 私はエレクトーン歴こそ長いですが(長いだけですが…ヲス)、ピアノは子供の頃何度かトライしたもののバイエル止まり…。悲しい
 うちにオルガンしかなかったのがいけないのか、元々才能がなかったのか、全然続きませんでした。jumee☆shock2Ljumee☆shock2R2
 その後エレクトーンと出会い、細く長~く続けていられるのも幸せなことですが、ピアノやアコースティックな楽器への憧れは常にあります。ハート

 この番組、講師の国府弘子さんが男前でさっぱりした楽しい先生で、生徒役の林隆三さんも生徒にしておくにはもったいないような味のある演奏で聴きほれてしまいます。もう一人の生徒役の藤井隆さんもピアノ経験はないようですが、素直で勘がよく音楽を楽しんでいる様子に好感が持てます。絵文字名を入力してください

 細かいテクニックより、ジャズのノリや楽しさを教えてくれる雰囲気も楽しくて気軽に楽しんで見ていますが、実は私、ピアノと共にジャズにもコンプレックスがあって…smile
 昔、エレクトーンのアンサンブルで「イン・ザ・ムード」を演奏したことがあるのですが、結局ノリがつかめず、メロディーパートだったこともあり、ソロでも同じ曲を頑張ってレッスンしてみたのですが、やっぱりダメ…。手書き風シリーズ顔2
 以来、「やっぱりジャズはわからない…」と長く封印中なのです。無理

 そんな私でも、この番組を見ているとジャズにもピアノにも再挑戦できそうな気持ちになれます。エヘヘ(ハート)
 少なくとも年齢に不足はないはずだし、大人っぽくジャズを奏でられる日がくるよう、この番組を最後まで見て、ジャズを楽しんで聴くことからちょっとずつチャレンジしていきたい…と思っています。

 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。