どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

ウクレレピクニック♪

ウクレレクリーナー ピアス
 先日は私にとって初めてのウクレレのイベント、ウクレレピクニックでした。
 ウクレレピクニック、聞いたことがあるだけで、出るだけでなく行くのも初めてだったのですが、ウクレレ人口、ハワイアン人口の多さに圧倒され、まるで別世界のウクレレワールドにどっぷり浸かった一日になりました。

 暑さに弱い私は、この猛暑日に一日中アウトドアというのに恐れをなして、とにかくファッションより暑さ対策。
 ひさしの大きいサンバイザーにネッククーラー、保冷剤と凍らせたペットボトルを2本持っていきました。でも、案ずるより産むが易しで、会場裏手の芝生が木陰になっていて、風もあったので思ったより涼しく過ごせました。

 練習ではミス続出で少しは心配もあったのですが、大勢で同じパートを弾く気安さもあって、ほとんど緊張なく本番が一番うまくいったくらいでした。もっとも、ハワイ語の暗記が無理で作っていったアンチョコから目が離せなかったのは反省点ではありますが、まあ、こんなものだろうな~、先生が本番でハモってくれたのも気持ちよくて、楽しく初舞台を終えることができました。

 出番が終わったら、木陰でみんなでお弁当を食べたり、買い物をしたり、いつになくゆるゆると時間が過ぎました。
 持っていったペットボトルばかりか、出演後にもらったココナツドリンク、屋台で買ったかき氷も美味しかった。
 夕方にはみんなで一斉にウクレレを弾きながら歌うイベントに参加して、ステージには何とあのKONISHIKIもいて、おおいに盛り上がりました。
 最後まではいられなかったんだけど、指導してくれた先生のステージでは超絶技巧も見ることができ、このイベントへの参加を誘ってくれたブログ仲間のmahinaちゃんとハワイのビールで乾杯をして、お開き。ますますウクレレが大好きになりました。

 上の写真はウクレレピクニックでの買物。ウクレレクリーナーとピアス、可愛くて気に入りました。
 本当はとっても小さなウクレレに目を奪われたんだけど、誘惑に負けないように必要最小限のお金しか持っていかなかったこともあって、我慢することができました。
 ウクレレ、もっともっと楽しめるように、上手になりたいです。
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

ウクレレ&ウクレレ!

 先月に続き、ウクレレのアンサンブルと個人レッスンが続けてありました。

 アンサンブルのほうは、8月のウクレレピクニックを目指しての練習です。全部で3回のレッスンなので、初めての人もいるのに、なかなかのハイペースでレッスンは進みます。
 前回はダウンストロークだけだったのが、今回はダウンとアップを組み合わせてバージョンアップした伴奏形になりました。
 本番は立って弾くということで、コンサートタイプの私のウクレレをキープするのが少々しんどいので、今回からストラップを使ってみました。お陰で少しは楽で弾く方に集中できました。
 もう一つの悩みはハワイ語の歌詞、5番まであるので全く覚えられず、仕方ないので楽譜のハワイ語の歌詞にカタカナでルビを振って誤魔化す作戦に出ましたが、字が小さすぎて見づらく、歌を頑張るとコードが無茶苦茶になって大変でした。
 でも、みんなで合わせる楽しさは格別。
 次回が最終レッスン。上手くまとまるか心配ですが、頑張って練習したいです。

 個人レッスンのほうも、ソロに進み、曲らしくなってきたので楽しいです。
 ソロ曲でもコードを意識して弾いて、次の音もよく見て、指使いを考え、指をやたらと離さず次に活かせる部分は活かす。難しいです。
 左手が硬く手首の向きが悪いこと、脱力できていないことが問題のようでしたが、もう一つ「弦はいつ替えましたか?」と聞かれ、買ってすぐLowGにしてから一度も替えてないので、それも原因で音が悪くなっているようです。
先生曰く、最低でも半年に1回、なるべく3ヶ月に1回は替えないといけないそうです。
 次回のレッスンで弦を替えましょうということになっています。ウクレレピクニックに向けても必要だと思うので、ちょうど良かったです。
 ソロのレッスンもアンサンブルと同じようにハワイアンソングが中心になってきました。牧伸二の『あ~、やんなっちゃった』の元歌『タフワフワイ』も練習中。今のところ一生懸命頑張って力が入ってしまいますが、脱力してゆる~く弾けるようになりたいです。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

ウクレレ三昧

 先週は2日続けてウクレレのレッスンがありました。

 一日目はいつものウクレレカフェでのレッスン。
 前回ウクレレソロに突入したばかりなのですが、とりあえず順調で、1回弾いたら「思ったより上手い」とまで言ってもらって、即合格でした。
 続いて3曲譜面を渡されて、主にコードのつながりと指使い中心に教えてもらいました。まだまだ手探りだけど、やはりメロディと伴奏を一緒に弾けるのは楽しいので、次まで頑張って練習したいです。

 二日目のレッスンは、イベントに向けてみんなで歌とウクレレ伴奏を合わせるレッスン。
 ブログ仲間のmahinaちゃんに情報を貰って、そろそろウクレレでもアンサンブルやってみたいし…と私もやってみることにしたのですが、数ヶ月習っていたし何とかなるだろう…とタカをくくっていたのが、やっぱり自分のペースでなくみんなと合わせる焦りもあり、思っていた半分も弾けませんでした。
 とてもテンポが速い曲なんですが、落ち着いて練習していけば何とかなるかな~
 でも一番の難関はハワイ語の歌を覚えて一緒に歌わなければいけないこと。
 みんなで歌うとはいえ、日本語の歌さえ覚束無いのにどうしよう…と心配もありますが、私にとって「小さなギター」だったウクレレの違う一面や、ルーツであるハワイアンソングを知るいい機会になるのでは…と楽しみでもあります。

 ソロも、アンサンブルも、盛りだくさんのウクレレ三昧で嬉しい悲鳴ですが、上手に時間を使いつつ練習頑張りたいです。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

いよいよソロ♪

 久々に、この頃ご無沙汰だったレッスンの記事です。今日はウクレレのレッスンでした。
 この頃脱力を覚え始めたウクレレ…といっても、まだまだですが、前回レッスンの最後に、先生から「だいぶできるようになったけど、これからどうしますか?ソロウクレレのほうに進みますか?」と聞かれました。

 元々ソロウクレレ志望だったので願ってもない言葉だったのですが、レッスンを始めた当初「ソロウクレレは弾き語りができるようにならないと無理ですよ」と言われた印象が強く、まだまだ…という気持ちが強かったのと、弾き語りのストロークがやっと順調になってきたところなのに…という気持ちもあり、咄嗟に「もう少し弾き語りを頑張りたい」と答えてしまいました。

 でも、その後よく考えたら、今ぐらいのレベルでもコード譜があればそれなりに好きな曲の弾き語りはできるし、元々歌は鼻歌程度で、人の伴奏をする機会があるにしてもそんなに凝ったことをする必要はないのかも…と思うと、ひとまずここで区切りをつけてソロに進むのが自然だったかな…とも思えてきて、少し後悔もしていました。

 そんな中、今日のレッスン曲を弾いた後「いいですね。欲を言えばもっともっと脱力できるはずだけど、それはだんだん慣れるとして…」ということで、再び今後の進路を聞かれ、せっかくのチャンスなので前言を撤回して「やっぱりソロウクレレがやってみたいです」ということになりました。

 「それでは~」ということでレッスンの後半はソロウクレレに突入…タブ譜を見ながら弾きますが、先生のアドバイスはソロウクレレでも常にコードネームを意識しながら弾くと上達が早いということと、いっぺんに音を出そうとしないでゆっくり弾くこと
 指使いや左手のフォームも大事なようで、また慣れないこといっぱいで頭が混乱しっぱなしでしたが、やはりウクレレだけで一つの曲が表現できるのは格別楽しく、ソロウクレレが始められて嬉しいです。

 課題曲は『大きな古時計』今のところ探り弾きもいいところですが、半月後のレッスンではもう少し曲らしくなるよう練習頑張りたいです
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

壁乗り越え中?16ビート♬

 今日はウクレレのレッスン。
 最初の頃は大変順調だったウクレレだけど、16ビートに入ってから急に立ちはだかった壁…

 8ビート辺りまではできていなくてもできているような気になれた脱力が、16ビートになるとできていないことが明白になってしまったのが原因でしょうが、できた気になっていた右手ばかりか、しっかり押さえないと音が出ないと思っていた左手まで脱力するように言われてすっかり混乱
 正直なところ「そんな無茶な」と思いながらも、それでも練習していたら、あれ?レッスン当日の今日になって、「何となくわかってきたような気がする」とふと思える瞬間がありました。
 右手の手首をブラブラするというのが、やっているつもりでも力が入ってダメだったんだけど、あれ、こういうことかな?と実際やってから気がついた感じ。
 それに伴い、「あれ、もしかしてこんな感じ?」と左手も「できた」とまではいかないけど、気づけばコードチェンジとともに手首の向きやポジションが前と比べると柔らかく変えられるようになった気がしました。

 でも、なにぶんレッスン当日のこと
 昨日まではどうやっても力が入ってダメだったので、できた気がしただけでも見つけものですが、欲を言えば数日前にできて練習で定着させてからレッスンに臨みたかったです。
 レッスンで緊張したらどうかな~と思って心配ながらもゆっくり演奏してみたら、先生に「余裕がありそうだから、もっと速くやってみましょう」と言われて、速めに弾いてみたらすんなりできました。
 そうはいっても先生には「真面目すぎてノリがイマイチだからアクセントのところ以外はもう少しテキトーに」と言われましたが、前回までと比べて随分良くなったとも言ってもらえました。
 B7やDmなどの音が出にくかったコードのポジションや手の形なども、今日は不思議と先生の話がスっと飲み込めて納得がいきました。

 今回のレッスンは、壁の先が見えかけたところでタイムリーに背中を押してもらえたような感覚で、とても有意義でした。
 もちろん、まだまだ音は出ていないし、これができたら、また次の課題が待っているのは承知の上で、こういう瞬間を味わえるのが楽器を習う醍醐味だな…なんて思えました。

 新曲は、いきものがかりの『ありがとう』。わかりかけたことを定着させて、次の課題に備えられるよう、いっぱい練習したいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。