どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

あまちゃんに熱中中!

 発表会を控えて弾き込みに入っているはずが今ひとつ進展しないエレクトーンのアンサンブルレッスン。
 苦手なイントロはトチってばっかりだし、転調してテンポがゆっくりになるところでは、みんなのテンポが揺れてしまってエレクトーンのリズムからずれてしまうし…

 気分直しに、今回はエレクトーンの話はそこそこに、ご多分に洩れず夢中になっている『あまちゃん』の話でも。
 他のドラマはうっちゃっておいて、あまちゃんだけは何回も再生。あまちゃんの感想など書いたサイトもチェックして余韻を楽しんでいます。
 最近発売されたこんなCDも予約してゲット!

今も聴きながら書いていますが、宮藤官九郎の詞は韻の踏み方や言葉遊びが面白く、意味もなさそうでいてありそうで、何度も聴きたくなります。もちろん曲も素敵で、ドラマの世界にどっぷり浸れます
大人買いで他にもこんなものも一緒に買っちゃいました
 
これからCDを聴きながら楽しく読むつもりです。あ、エレクトーンの練習も頑張らなくちゃね!
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

懐かしい!『男たちの旅路』

 ドラマ好きの私が、今まで見た中で一二を争うくらい大好きなドラマ『男たちの旅路』、DVDで久しぶりに見ました。
(ちなみに、一二を争うもう一つのドラマは『ふぞろいの林檎たち』。同じ山田太一脚本のドラマですが、私ドンピシャふぞろい世代なので、本当に夢中で見ていました)

 きっかけは、ゴダイゴ好きなネット友達が「ミッキー吉野還暦誕生日」の話題を記事にしていて、「ミッキー吉野グループの『男たちの旅路』サウンドトラックのLP持ってます」とコメントしたら、そのLPがCD化されているのを教えてもらって、買ったCDを見たダンナがDVDと勘違いして見たがって…。

 DVDは発売されていたのですが既に絶版で高値がついていてとても手がでなかったものの、アマゾンじゃないけど第一部だけは中古で安く出ているところがあって、第二部以降は自分でビデオに録画したものがあるけど、第一部は録画していないし、再放送もまずないので、「これは買いだな」と思い、購入しました
 ダンナはほとんど時代劇しか見ない人で、一緒にドラマを見るということも珍しいので、そういう面でも購入の価値はあったと思います。

 NHKの土曜ドラマでシリーズ化され、再放送も何度もされている『男たちの旅路』ですが、何といっても鶴田浩二演ずる特攻隊の生き残り吉岡司令補がはまり役。説教と昔話ばかりなのに説得力のあるセリフで、部下の若者たちが反発しながらもどんどん惹かれていくのもよくわかります。

 若者たちを演じた今や千葉県知事の森田健作、すっかり大御所の水谷豊、桃井かおり。自然な演技で共感できました。重くなりがちなドラマだけど、笑える部分もあり、何度見ても飽きません。

 そして、音楽もドラマのシーンにぴったりで、今聴いても素敵。
 エレクトーンで弾きたいくらいだけど、楽譜はさすがに出ていないだろうな~

 このドラマがきっかけで、ドラマを見て音楽や脚本を誰が担当しているか関心を持つようになった気がします。
 感受性が豊かな時期に出会ったドラマということもあるかもしれないけど、本当に心に響くドラマです。

 今まで面倒で手を出さなかったけど、こうなったらビデオに録画してある第二部以降のDVD化にもチャレンジしてみたいものです。
 
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

『カーネーション』

 エレクトーンの発表会も無事終わったので、ここらでエレクトーン以外の話題も…。

 私、元々NHKの朝ドラは録画して見るほど好きなのですが、先月から始まった『カーネーション』、とても面白いです。
 
 言わずと知れたコシノ三姉妹のお母さん小篠綾子さんの話が元になっているらしいけど、ヒロイン糸子がヒロインらしくなく、子役時代も大人になってもなりふり構わず大号泣する様に圧倒されました
 ミシンや洋服がまだ一般的でない頃に、ミシンを覚えるために女学校を辞めてパッチ屋で修業し、ミシンを売るためにデモをしていた先生に頼み込んでたった一週間で洋裁を学び、勤め先でも抜群のアイディアやセンスで客を増やしていくバイタリティ。
 私も洋裁やミシンは大好きですが、そんなレベルと一緒にしては申し訳ない、自分ばかりか家族の生活まで掛かった意気込みに、ただただ脱帽です。

 とんでもなく頑固者で糸子を困らせる父親小林薫さんがいい味出してるし、超おっとりさんの母親、麻生祐未さんも面白い。

 あ、そうそう、椎名林檎の歌う主題歌や、そのバックに流れるカーネーション色の服を着た人形たちがミシン仕事をする動画も雰囲気あって素敵。
 糸子の迫力にはかなわないとしても、私もミシン踏みたくなっちゃいます。

 来週からは、いよいよ「小原洋裁店」開店かな?結婚…するのかな?と新たな展開がありそうで、ますます目が離せません。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

「BAKUMAN」面白いよ!

 中学生の娘は大の漫画好き
 そんな娘が「これはお母さんが読んでも面白いからオススメ」と薦めてくれたのが、週間少年ジャンプに連載中の漫画「BAKUMAN」

 せっかくなので、娘にコミックを貸してもらって少しずつ読んでいます。
 娘と感想など話しては目下のコミュニケーションツールになっていたのですが、10月から何とNHK教育テレビで土曜の午後6時からアニメ放映が始まりました。

 当初娘は「NHKだからどうかな~」と期待しすぎないようにしていたようですが(失礼)、録画して一緒に見たら、初回のスタートの仕方から斬新で、評価も一変!
 毎週、娘と一緒に楽しみに見ています。

 漫画家を目指す若者達の一途なストーリー。
 漫画といっても生易しくなく、それこそ骨身を削って全生活を漫画に捧げ切っているといっても過言でない、熱い話です
 少々恋の話もあるんだけど、それも妙に浮世離れしていて「そんな馬鹿な~」なんて娘と突っ込みを入れながら見ています。

 娘と同じ中学3年生からスタートしているので、試験中にもかかわらず勉強もせず漫画しか眼中にない主人公達を見て、母の立場で「少しは勉強もして将来に保険かけといたほうが…」とついついハラハラしてしまいますが、熱~い主人公達から、これからも目を話せそうもありません。
 彼らの将来が母のように気になるので、とりあえず、まだ4冊しか読んでないコミックをもう少し読み進めたいと思ってます。(コミックは、たぶん10巻まで出ているようです)

Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

7月8日の「すてきにハンドメイド」見てね!

 昨年度まで「おしゃれ工房」という名前で放送していたNHK教育の番組が「すてきにハンドメイド」という名前にリニューアルしました。 

 毎週水曜、木曜の午前11時半~11時55分(再放送は同じ日の午後9時半~9時55分)まで放送されていますが、いろんな種類の手作りが見られるので、しょっちゅう録画しては手作りの参考にしています。

 少し前まで1年半程手作り教室に通って手芸を習っていたのですが、講座が終わってしまって今は習っていないので、この番組や手芸本、キットなど使ってマイペースで手作りを楽しんでいます。

 この「すてきにハンドメイド」の7月8日放送分に私が手作りを習っていた加藤真有里先生が出演されます。
 テーマは「靴のリメイク」だそうで、「靴大好き」でおしゃれ上手、センスも抜群の先生がどんな作品を披露されるか今から楽しみです。

 今は直接指導は受けていませんが、このブログとリンクさせてもらっている先生のブログ「Anise Seed Style」でもセンスがある中にも楽しい日常や、おしゃれな着こなし、「一度に10のことを同時にできる」というスーパーウーマンぶり、それなのにとっても気さくで可愛い先生の人柄が垣間見られて、今でも私の心の師匠です。

 皆さんもよかったら、7月8日の「すてきにハンドメイド」是非見てみてくださいね。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。