どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

ギターレッスンも!

 この頃、ギターレッスンがほとんどエレクトーンのレッスンと同じ日に…。
 時間帯の離れ具合もちょうどよく渡り歩けることもあって、今後も定着してしまいそうです。
 忙しいけど、レッスン日を固めたほうが他の日に余裕ができていいのかも…と試行錯誤中。

 ギターの教室に着くと、珍しく扉がしまっていて、何だか悪い予感…。
 もう忘れかけていたけど、以前先生が立て続けにレッスン時間を間違えたことがあり、キレた私がレッスンをやめようとまで思ったこともあったことを思い出してしまいましたが…。

 「あれ」と思いながらピンポンすると、先生の声が聞こえてとりあえず安心はしましたが
先生はニコニコと「いや~、すっかり忘れてましたよ」

 でも、次の時間の生徒さんが来るまでに掃除をしようと思って早めに教室に来ていたとのことで、ぞうきんを持って現れてくれました。
 とりあえず居てくださって良かった~!
 先生は演奏もしていらっしゃる芸術家なので、少々浮世離れしているのは仕方ないのかもしれませんね。

 気を取り直してレッスン
 今度は先生がキレても仕方ない私の出来映えで、新しい課題の6絃のチューニングを1音下げる曲ですが、それだけでも6絃に関して押さえる弦も1つずつずれるし、ハイポジションもたくさん出てきて、譜読みをするのもわけがわからなくて…。
 結局、「よくわからなかったので教えてください」と手取り足取り…。
 先生曰く、「練習用の曲と違って弾きやすい音を選んでくれていないから今までのようにはいきません」だって…。

 でも、これをクリアしなければ次に進めないんでしょうから、難しいけど頑張ります。
 次のレッスンは早くも来週、しかもまたエレクトーンとのダブルレッスンですが、少しでも練習せねば…。
 
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   6 comments   0 trackback

久々個人レッスン

 本当は先日に予定していたエレクトーンの個人レッスンを腰痛再発のために延期して、今日が久々の個人レッスンです。
 この頃ダブルレッスンになることが多く、今日もギターのレッスンもあったのですが、そちらは後日改めて…。

 今月前半はろくに練習できなかったし、先週まではアンサンブルレッスンが新曲だったのでそちらの譜読みでいっぱいいっぱいだったのですが、その後は一生懸命時間がとれる限り練習したつもり…。
 まあ、その時間がなかなかとれないのが悩みの種でもあるのですが…。

 1曲目は長期化している「ホール・ニュー・ワールド」。
 2回弾いて、どちらもわりといい感じに弾けたかな…と思ったのですが、ちょっとだけベース間違えました。
 おまけしてくれても…とチラっとよぎったけど、先生も考えてる風もありましたが「3月まで頑張ってみましょう」だって…。

 3月中頑張れば、念願の合格を貰えるということかもしれませんが、ほぼ楽譜通り弾けるようになってからが本来のレッスンなのでしょうし、もう少し頑張れるという先生の期待もあるでしょうから、あまり深読みせず弾き込んでいきたいと思います。
 でも、思わず「うちではノーミスで弾けるのに…」とグチってしまったら、先生に「真央ちゃんみたいですね」とからかわれてしまいました。
 先生の前で弾くだけでも本来の力が出せないのが普通()なのに、あんなに世界中の視線が集まるところで「ノーミス」の演技ができる真央ちゃんにあやかって、近々合格を目指したいものです。


 2曲目「スカイ・ハイ」。
 だいぶスムーズに弾けるようになったものの、やっぱり2つ目のレジストに移ったあたりでリズムより遅れがちになる…。
 以前も先生に練習用にリズムを足してもらったのですが、更にその部分のフレーズに合わせてリズムを足してもらって、部分練習も強化するように…との課題。
 この曲も長期化してきたので、弾きたい曲が目白押しのこの頃、頑張って弾きこんでいきたいです。

 3曲目「虹の彼方に」
 先日記事にした塚山エリコさんの曲集から…。難しいものの、ハ調なのとテンポが120ということで塚山さんの曲にしてはチャレンジしやすそうです。
 …とはいうものの、寸暇を惜しんで練習したもののなかなかはかどらず、今日はなんと60のテンポで…、それにもかかわらずミスだらけでしたが、まだまだこれから…。
 時間をかければ、できない挑戦ではなさそうです。
何十年越しの憧れの曲なので、頑張ってみたいです。
 
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

スタンドカラーオーバードレスとアンダースカート

2010-02-23 10-18-50_0007a
 先日スカートだけ紹介させていただいた娘のために縫っていた服がようやく出来上がりました。
 コットンだけどベルベットで黒に近い紺色なので、冬のうちに作らないと…と思っていたのですが、気づくと2月も最終週に…
 でも、まあ、しばらくは着られるでしょう…

 前の記事に書いたけど、生地は以前日暮里でメーター100円で買ったもの。
 デザインは、いつものように娘の愛読誌「ゴスロリ」から選びました。

 選んではみたものの複雑なデザインに見えて最初はビビッたのですが、ゴムウエストのアンダースカートと上着とリボンブローチの組み合わせで、難しいのは上着のみ。
 スタンドカラーと袖付け、前立てと前立て部分に付くボタンホールが難関だったかな~。
 でも、難しいところは慌てずにと心がけて、意外とやり直しも少なく、スムーズに作れました。

 前立て部分は布が重なって厚みがあったので、ミシンでボタンホールを作ると上手く布が送られなくて失敗しそうだな…という予感があったので、手縫いでボタンホールしました。
 ボタンホールも刺繍のステッチなので、そう思えばそんなに大変でもないし、これからもミシンが不安なときのボタンホールは手縫いのほうがいいかも…と学習できました。

 「ゴスロリ」に載っていた見本は白一色だったのに、紺地に白のレースで作ったためか、予想よりゴージャスなイメージになってしまって、娘のロリータファッションに難色を示すダンナに叱られそうでドキドキしていますが、とりあえず娘が喜んでくれているから、まあ、いいや…。

Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

「ト長調のワルツ」「グリーンスリーブス」

 前回の記事の、エレクトーンアンサンブルレッスンと同じ日にあったギターレッスン
 どうも、ギターのレッスンがエレクトーンとかぶることが多くて…
 大変は大変だけど、そうでないと、平日休みはほとんど何かのレッスンということになってしまって、それも大変なので、まとめちゃった方がいいのかもね…。

 2月前半にあるはずだったレッスンに腰痛の為行けなかったので、この日が2月最初のレッスンでした。
 ここのところ頑張って何とか帳尻を合わせたものの、やはり練習不足
 でも、欲がなかったのが良かったのか、「ト長調のワルツ」「グリーンスリーブス」まとめて合格です。
 先生の思惑では、「そろそろ次の課題に力を入れたいから合格させとこ~」くらいの気持ちかもしれませんが、とりあえず嬉しいです。

 ハイポジションやセーハも少しは馴染んできた頃ですが、新たな宿題は次なる課題
 …とはいっても、調弦のほうですが、馴染んだチューニングより6絃の音だけ1音下げてチューニングして演奏する曲が出てくるのです。
 いわゆる「オープンチューニング」の一種?
 でも、チューニングが変わると押さえるフレットも一つずつずれるので、また慣れるまで混乱しそう
 だけど、その辺がギターの面白さなんでしょうね。
 曲のレベルもまた少し上がるそうですが、それだけ弾いていて楽しい曲でもあるんでしょうから、少しずつ頑張るつもりです。

 でも、2月前半分の振替のレッスンがまた来週あるので、練習が間に合わないかも…
 まあ、できる範囲でボチボチと…
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

2月のアンサンブル

 今日はまたまた首都圏に雪が…
 こんな日は腰も心配ですが、この頃強い味方のポケット付き腹巻にカイロをしのばせて、エレクトーンのアンサンブルレッスンとギターの2つのレッスンに…。
 
 ギターのことは後日書かせていただくとして、今日はエレクトーンのアンサンブルのほうを書きます。
 曲は、新しく取り組むことになった「エンタテイナー」
 このところの腰痛騒ぎもあって、練習できない日が続いて、はっきり言って練習不足。
 
 ここ数日帳尻合わせに必死でしたが、何とか最後まで譜読みをしたものの、リズムを入れて弾くと途中からついていけなくなってしまいます
 本来180で演奏する曲ですが、100で演奏しても怪しく、仕方なく95まで落として何とか…

 レッスンの最初の個人チェックでは、先生にスタカートなどのアーティキュレーションを譜面どおりにきちんと演奏するように言われました。
 音を追いかけるのに必死で、そこまで気が回りませんでしたが、先生のおっしゃるように、譜読みの段階からきちんと練習しておいたほうが後で楽なので、次回まではちゃんとできるようにしたいです。
 繰り返しが多く、1st time onlyや2nd time onlyの見落としもあったので、修正せねば…。

 初回だから、途中までの練習だろう…とあなどっていたら、最後まで通して合わせて弾くことに…。
 私ばかりでなく、みんなの演奏もかなり怪しいものだったのに気合を入れるためか…
 今日は95の速度で弾いたのに「次回は120で弾けるようにしてきて」と先生!
 大変だけど、たしかに95じゃゆっくりすぎてカッコよくないから、来月までスムーズに弾けるように練習に励みます。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

へぇ~!

 腰を痛めて以来、週に1~2回の割合で通っている接骨院。
 電気や超音波の治療やマッサージに加えて、健康や身体のことについて、いろいろ話を聞けるのも楽しみ

 今日は貧血の薬をもらいに婦人科にかかった帰りに立ち寄ったので、その話をしたら
「腰痛は婦人科が原因でなることもあるんですよ。とんとこさんの場合も影響ありそうですね」と先生。
「そうなんですか
と驚いたけど、たしかに、痛くなったタイミングや痛み方に思い当たるところもあり、いろんなところに原因があるものだとしみじみ。

 その他にも、貧血も、婦人科がらみばかりでなく別の原因も考えられること。
その場合、ビタミンB群の不足が考えられるので豚肉を食べるといいとか…
 でも、カロリーが…という話から、それならお菓子のほうがよっぽど悪い、お菓子がやめられないなら、食間ではなく、食事の直後に食べたほうがいいとか…

 お酒の話まで出て、「お酒が強いのは、肝臓が丈夫だからでなく、肝臓が頑張りすぎてしまうから。
 頑張れる量は決まっているので、そういう人は早くダメージを受ける」とのこと。
「でも、健康診断で数値は悪くなかったですよ」と言うと、「数値が悪くなったときは、すでに手遅れなんです。出ないうちに気をつけなければ。缶ビール1本だけだとしても、毎日だと肝臓に負担がかかるから、時々休んだほうがいい」とか耳の痛い話が…。

 睡眠不足も腰にも悪いので、30分でも早く寝るようにという話もあり、なかなか治せないけど、できることから少しずつ改善して、身体の声を聞きながら上手に年を重ねていきたいです。 
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

まずはスカート!

2010-02-14 8-13-36_0002
 たしか、おととしあたり日暮里に行ったときに買ってきたコットンベルベットの生地
 さすが日暮里、1m100円でした
 黒に近い紺で、娘が好きなロリータっぽい服に合うかな~、ロリータは生地をたくさん使うからな~と4mも購入したのに、前シーズンは縫いそびれてしまいました。

 こういう生地はかさ張るから、何としても今シーズンは冬のうちに縫い上げねば…とプレッシャーはかかるものの、腰痛だの編物ブームだので洋裁に気持ちがなかなか向かず、とりかかれませんでした。

 重い腰を上げて、先日娘の愛読誌「ゴスロリ」からようやくデザインを選び、縫い始めました
 一見ワンピースかと思ったらツーピースに分かれてて、上着は何だか凝っていて面倒くさそうなものの、スカートは何のことはない、ウエストゴムのフレアースカート。
 裾にフリル布を足して、レースとブレードを重ねて…というのも、だいぶ慣れてきて、案外早くできました
 難関(?)の上着はこれからですが、とりあえずスカートだけでも仕上がって良かった。
 スカートだけでもあれこれ組み合わせて着られそうで、ワンピースよりお得感もあるし…。

 今回特筆すべきは、洋裁を休んでいる間に、以前ミシンの修理を頼んだ会社にロックミシンのオーバーホールを頼んだこと。
 以前からよく目飛びはしていたものの、でも家庭用だからこんなものかな…とそんなに不自由にも思わず使っていたのですが、きちんとメンテナンスしてもらって戻ってきたら、「あら、うちのロックミシンでこんなに綺麗な縫い目が…」とびっくりするほど綺麗に端の始末ができるようになりました。

 せっかくだから、近いうちにロックの縫い目が表に出るようなデザインのものも縫ってみたいな!
 でも、とりあえず、このスカートの上着を完成させねばね
 頑張り過ぎないように、頑張ります 
Posted by とんとこ   6 comments   0 trackback

シェルとループのブレスレット(ネックレス)

2010-01-17 9-47-42_0002
 前の記事で紹介した編物に時間が掛かったので、息抜きにスピーディにできそうなジュエリークロッシェのキットにトライしてみました
 岸美砂子先生のキットで、ジュエリークロッシェでは昨年末に作ったストラップに続き、2作目になります
 
 シェルがメインなので夏っぽいかとも思ったのですが、難易度が低そうなこともあって作ってみることにしました。
 完成してみると、大人っぽくダークな色合いなので、一年中いけそうですね

 作り方はとても簡単
 あらかじめ通しておいたビーズをループに編んでいって、シェルとつなげるだけです

 でも、編むのはすぐ出来ても始末が大変で、シェルに通した後の玉止めがきっちり隙間なくできなくてゆるんでしまい、一度玉にしたのをほどくのも難しいので、いったん作ったものを全部編みなおして玉止めをし直すはめに…。
 玉止めのような一見何でもないところを、丁寧にやらないと仕上がりが違ってくるのがよくわかりました。
 キットに糸が余分に入っていたので、何とかなってホッとしてます。

 出来上がってみると、簡単なわりにゴージャスな仕上がりで、気に入ってます。
 本来ブレスレットですが、ネックレスにも仕立てられるように皮ひももついています。
 ネックレスにしようと思っていたのに、説明書を途中まで読んでブレスレットを完成させてしまってから、ネックレスにするときは手順が違うことに気づいて…。

 でも、今更直せないので、それなら…と、うちにあった黒いベルベットのリボンを通してみたら、まあまあ雰囲気も合うのでそれでいいことにして、さっそくネックレスとしても使っています。
 リボンをはずせばブレスレットとしても使えるので、私の好きな2WAYで使えて、かえって良かったかも…。

 ジュエリークロッシェの面白さがますますわかってきたので、引き続き作りたいのですが、娘の冬物をひとつ作る約束をしてしまったので、今度はそちらに取り掛かっています。
Posted by とんとこ   3 comments   0 trackback

縄編みセーターとネックウォーマー

091.jpg
 以前、編みかけの写真を記事に載せたセーター、何とか出来上がって冬のうちに着られそうです
 雑誌に載っていたデザインをちょっぴりアレンジして編みました。
 編物は昔少しかじったので、それを思い出しながら…でしたが、本と首っ引きながら意外とスムーズに思い出したものの、一番苦労したのが、衿ぐりを止める二目ゴム編み止めかな~

 本の図を見てもよくわからなかったものの、あれこれやっているうちに、だんだん手が思い出して「こんな感じ」と形になりましたが、節の多い糸なので、それがあちこち引っかかって止めにくくて大変でした。

 編物初心者の私は、布を買うときの日暮里のように毛糸を安く購入できるところを知らないため試行錯誤中で、今回はネットオークションで買ってみました
 お買い得な値段のわりに好きな色合いで気に入りましたが、本に載っている糸とタイプが違うので、本に載っているゲージと比較して計算し直して…。
 母がやっていたのを真似してですが、編んでいくうちにゲージと編み目の大きさが違ってくることもあって不安でしたが、できてみたら自分の身体に程よくフィットして、なかなかの着心地…
2010-02-04 9-36-47_001309.jpg
 上の写真は二目ゴム編みのネックウォーマー。
 2WAYのものが大好きな私は、実はこれが編んでみたくてこのデザインにしたのですが、ネックウォーマーをプラスするとタートルネック風になって暖かです。
 ネックウォーマーだけでも使えるし、セーターも、他のタートルと組み合わせたり、そのまま着たり、着こなしの幅が広がる予定…

 簡単そうなネックウォーマーだけど、エレクトーンの発表会のときに編んだニット帽もそうだったけどゴム編みの編地ってゆるみの加減がわかりにくくて、ほとんどできたところでサイズが違うのに気づいて編み直したりして、結構時間がかかりました
 それでも、何とか思い通りに出来て良かったです。

 編物は楽しいので、もっとやってみたいけど、この先冬物だと季節のうちに仕上がらないし、他のものを作る時間がなくなってそれもつまらないので、今度編む時は春物を編みたいです。

 あ、そういえば、中断している春物セーターがあった…今更続きが編めるか、ちと心配です

Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

残念…

 朝青龍が引退してしまいました。

 引退勧告は当然だと思っていましたが、朝青龍のことだから頑張って居座り続けるものと思っていたのに、あっけなく引退…。
 相当の圧力がかかったのだろうし、引退という形をとらないと多額の退職金がフイになるとか、いろいろあるようですが、「そりゃないよ」とがっかり…。

 私も実は結構な酒飲みなので、お酒の上の失敗にはわりと寛大で、SMAPの草なぎ君のときなんか、「それってそんなに悪い?」などと言っていたくらいなのですが、さすがに今回の朝青龍の件は事実としたらたしかに引退モノの不祥事ではあると思います。
 でも、それでも残念…。

 あれだけの横綱、引退するなら次の世代を継ぐ者の前に立ちはだかり、鍛え上げて、最後には打ちのめされて引き際を選んで去るべきなのではないでしょうか
 最後に優勝して、勝ち逃げなんて、残された者の中途半端な気持ちは察して余りあります。
 白鵬が流していた涙は、当人以上の悔しさだと思います

 かえすがえすも、今回の事はとても残念
 せめて、とり残された形の白鵬や、ほかの力士の奮起を期待したいと思います。


 残念だけど、最後だから朝青龍について…。

 ブログを始めた頃、朝青龍を、ついに大都会フランクフルトに馴染めずじまいだったアルプスの少女ハイジに例えた記事を書いたものでしたが、結局、日本の相撲界に馴染めなかった朝青龍…
 白鵬に勝ったときの勝ち誇った表情は憎らしかったけど、小心者の私には真似のできないやんちゃぶりが魅力でもありました。
 今度は、もっと自分の感性にあったところで、実力発揮していくのでしょうね。
 水を得た魚のような躍進ぶりに期待したいと思います。お疲れ様!
 
 
Posted by とんとこ   6 comments   0 trackback

また…

 年明け早々ギックリ腰をやって以来、ストレッチや温めに気を配って、随分回復してきているはずの私でした。

 ところが、珍しく首都圏に雪が降ったおととい、仕事も結構きつかったけど、帰りもみぞれ混じりの雨の中、合羽は着ていたものの自転車で帰ってすっかり冷えてどっと疲れたし、夕飯が終わって後片付けをする前にソファでうっかりうたた寝をしてしまったり…と、後で考えればうかつに体を冷やす要因が重なったせいか…

 夜中に起き出して後片付けを済ませてコーヒーを飲んでいるときに、あれ?
 またあの痛みが…。

 ってことで、またやってしまいました。
 昨日整形外科に行ったら、先生に「きのうは寒かったですからね」と一言で済まされてしまいましたが、痛み止めをもらって、今日は仕事も休ませてもらいました。

 幸い、今日はだいぶ調子もいいのですが、ノド元過ぎれば熱さを忘れるタイプなので、とりあえず無理はせずにいきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。