どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

「龍馬伝」

 何だかんだでレッスンできなかった時期が長かったのでチケットがたまり、先週からレッスンの嵐です。
 レッスンには行けるようになったけど、なかなかコンスタントに練習をすることができないから、できない分をレッスン当日に慌てて帳尻を合わせるスタイルに落ち着きつつあります。
 帳尻が合いきらなくて、見切りでレッスンに出発することになるのもいつものことですが…。

 今日は個人レッスンだけど、停滞気味だったレッスンに少し進展がありました。
 1曲目の「龍馬伝」、まあまあ大きなミスもなく弾き終えた途端、先生が「はい、OKです」サラッとおっしゃったので「そうですか」と軽く受けてしまったのですが、…改めて「もう弾かなくていいということですか?」と聞き直してしまいました。「そうですよ、きれいでした」と言われてビックリ!
 この曲も長かったから、終わる気がしないくらいになっていたのですが、先生も終わらせどころを考えてこの辺りで…と手を打ってくれたようです。
 何とか修了できたので、今まで先生に止められていたサポート演奏付で弾くのが解禁になったのが一番嬉しいです。

 「虹の彼方へ」「桜」「陽の光を浴びて」は相変わらずですが、弾ける時と弾けない時の差が激しいから、もうちょっと弾き込んで安定させたいです。

 最後に弾いた「駅」。
 結構いい感じで弾けるようになってきたんだけど、ベースや左手にちょこちょこミスタッチが…。
 先生も「6級の曲だし、もうちょっと完成度を上げたいですね。次回で終われるように頑張って弾いてきてください」ということで、またプレッシャーが掛かってしまいましたが、綺麗な曲なので、頑張って完成度を上げたいものです。

 
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

久々アンサンブルレッスン

 個人レッスンに引き続き、2月以来久々のアンサンブルレッスンもありました。
 曲目は葉加瀬太郎の「ひまわり」。
 3月は体調が悪い真っ最中で休まざるを得なかったのでメンバーにも心配を掛けたようで、会った途端「大丈夫なの?」とみんなに聞かれて体調報告。
 手術の予定もうっかり忘れてしまいそうなほどです。

 実は2月のアンサンブルレッスン以来1度も弾かないままレッスンの日になってしまって、レッスン時間が遅かったのでそれまでに慌てて練習して、何とか思い出す有様…。まあ、いつものことですが…

 エレクトーンとピアノのデュエット譜を4人で分けて弾いていて、私はエレクトーンの左手とベースのパート。
 こういうパートをやると、日頃自分がいかに左手とベースをおろそかに適当に弾いているのか、しみじみ思い知ります。
 そんなに難しくはないはずなのに、ちょっとしたミスタッチが多すぎる…

 それからリズム…。
 ちょうどアドリブに入るあたりで、リズムがカウントしにくくなって、私のパートはカウントが見えるのでまだマシなのですが、どんどんズレてしまいます。リズムは私達の最大の弱点かな…

 アドリブ担当の2人は弾きにくいフレーズにふうふう言っているようですが、聴いていると、とっても気持ちがいいフレーズです。
 曲を決めたときは、テレビで流れている部分しか知らなくて、こんな難しいフレーズが入っていることに気づかなかったけど、美味しいフレーズでもあるので次回までどんな感じに弾き込んでくるか楽しみです。

 6月から発表会の曲に入るので、来月で強引に仕上げる予定になっています。
 そのつもりで練習してくるようにとプレッシャーを掛けられたので、頑張らないと
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

レッスン

 先週に引き続き、今日も1時間個人レッスン。

 前半は、またもや話で終わってしまったけど、これは11月にあるアンサンブルの発表会の曲目が決まって、参考にするCDや曲集を先生にお貸ししたりするやりとりもあったので、まあしょうがないかな…っていう感じ。
 スケールの大きい曲で、先生がこれから譜面を作るのでまだまだ練習するのは先のことですが、今から楽しみです。

 前回の久々のレッスンの後、なかなか時間がとれないのは相変わらずだけど、それでも多少は練習したのに、そんなに芳しい成果はなかったな~。
 「龍馬伝」も途中でまたもや集中力が途切れてメチャメチャになってしまったし、「虹の彼方に」も苦手のイントロやアドリブがますます苦手だし、「陽の光を浴びて」は「珍しいところで間違えましたね」と先生に言われたけど実は元々苦手なところで、なまじ中途半端に部分練習してしまったために、かえって意識してコケてしまったかも…

 「さくら」や「駅」は上り調子だけど、まだまだかな~。「駅」は前回に続き、休符をしっかり休むようにと、最後のritをもっと意識するように言われました。

 今のレッスンスタイルだと、調子の出ない状態で1回弾いて、どんどん次の曲にいってしまうので、どうしても不安定な演奏になってしまうけど、まあ1回できちんと弾くのが本当の実力だろうから、それを目標にもう少し頑張ってみますか…。

 今週は、なんとアンサンブルのレッスンもあるんだけど、2月のレッスン以来1度も練習してないの…。
 あと2日で何とかなるか心配だけど、頑張ってみます。
Posted by とんとこ   8 comments   0 trackback

レッスン再開!

 先日、久しぶりのエレクトーンレッスンに行ってきました。
 体調不良や地震の影響もあって1ヶ月半くらい間隔が空いてしまったし、その前も体調不良やギターの発表会の影響もあって1ヶ月以上空いたから、結局年明け早々の発表会以来、ろくにレッスンを受けていないことに…。

 大震災の後は、計画停電をしている時期でもあるし、東北がこんなときに…という気持ちもあって3月中は全く弾かなかったし、4月に入って、気を取り直して練習しはじめても、生活習慣から一回はずれてしまったものをまた復活させるのはなかなか難しい…
 しかも、娘が高校に入学してからは、新しい生活のスタートで、毎日いいことも悪いことも話したいことがいっぱいあるようで、話し始めると止まらない…。
 女の子の親でよかったな…と思える嬉しい時間でもあるけれど、そんなこんなで練習時間なんてとてもとれません。

 ろくに練習もできないままレッスン当日を迎えてしまいましたが、とりあえずレッスンに行くことから一歩踏み出そう…と腹をくくりました。
 当日少しは練習できたので、全く弾けないという事態はなんとか免れそうだったし…

 久々のレッスンは1時間とっていたのですが、半分以上近況報告で終わってしまい、後半はとりあえず、今どんな感じかを先生に聴いていただきました。
 曲目は相変わらず「龍馬伝」「虹の彼方に」「陽の光を浴びて」「さくら」「駅」。
 レッスン始めてからもうとっくに一年を越えてしまった曲も何曲もあり、そろそろ仕上げて新しい気持ちで新曲にトライしたい気持ち。
 そんな思いとは裏腹に、先生の「う~ん、8割くらいの演奏かな~」というコメント
 ろくに練習していないのに、かつての8割くらいまで取り戻せているのなら、まず良しとします。

 これから上手く時間を使って練習に励まねば…。
 久々にレッスンに行けたことで、やる気はかなりアップした感じ。
 このレッスンを第一歩に、来週再来週のレッスンでステップアップしていきたいです。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る!』

 前々から、健康にいいと言われることをあれこれ試すのは好きだったのですが、貧血でしんどい思いをしたこともあってか、この頃更に興味がわき「新しい健康法?」と興味をひかれる本を見つけると買ってきては少しずつ試しています。

 この本は、ゴボウが身体に効くことと、ゴボウ茶の作り方が書いてあって、とても面白く読めました。
 元メタボの著者はゴボウ茶を飲むことと腹六分目の食事でメタボ解消したそうですが、写真を見るとたしかに20歳くらいは若返っている感じ。
 
 ゴボウに含まれる成分は朝鮮人参と同じで、血液もサラサラになり、便秘解消やダイエット効果や、がん予防効果まであるそうです。
 たしかに、ゴボウって元々身体にいいイメージだものね。安くて美味しいし…。

 ゴボウ茶の作り方も簡単で、泥を落としたゴボウを水にさらさずにささがきにして天日で乾燥させた後、フライパンで煎るだけ。
 ゴボウの香りが香ばしくて美味しいし、お通じもよくなった感じ。
 私が新しい健康法を始めても、疑ってなかなか一緒に実行してくれない娘も、自分でも勝手に飲んでいるくらいなので、効果を感じているんだと思います。

 20歳若返るかはともかく、わが家の飲み物として、とりあえず定着しそうです。
 ただ、腹六分目が難しくてできそうもないので、あまりダイエット効果は期待できないかも…

Posted by とんとこ   8 comments   0 trackback

入学式

 今日は、娘の高校の入学式。
 新しい制服を着てかなり緊張気味の娘と一緒に電車に乗って行ってきました。

 大震災の影響がまだ大きい時期の入学式なので、震災の被災者の方々への黙祷から式がはじまりました。
 校長先生や来賓の方のスピーチも、大震災に関するものが多かったです。
 震災のために行きたかった学校で勉強ができなくなった同じ年頃のお子さんのことを思うと胸が痛みます。
 希望する高校に入って勉強や部活ができること、当たり前のようだけど、当たり前じゃないんだ…と、この時期だから余計に感じます。

 電車を乗り継いで都内の高校に通うのもこの辺では珍しいことではないですが、あまり体力のない娘にできるかどうか心配だし、本人の強い希望で入ったコースも、将来の進学や就職のことを考えると不安もあります。

 でも、何より、高校の3年間、被災地や将来のことを考えながらも、精一杯学生生活を楽しんでほしい…というのが母の本音です。

 同じ中学からの友達もいない新しい環境で、本人は今のところ楽しみよりも心配のほうが先立つようで、帰ってきた途端に疲れて寝てしまったんだけど、そんな緊張を乗り越えて、はやく学校に馴染んで、心を開ける友人ができて、やりたかった勉強や部活に思い切り励める環境ができることを心から祈っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。