どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

久々アンサンブルレッスン!

 今日は3週間ぶりのエレクトーンのアンサンブルレッスン
 帰省するつもりで仕事も休みを貰っていたのに帰省できなかったので、その分普段よりは練習できました。
 前回レッスン時に発覚した「1拍ずれる」問題も自分なりに解決できて、リズムのカウントとは合うようになったので、アンサンブルでみんなと合わせたときにどうか、ドキドキ…のレッスンのはずでしたが、出鼻をくじく事が…。

 教室に向かう途中、電車が倒れてきた木にぶつかって立ち往生しているとのことで待っていてもなかなか来ず…
 教室に電話しても始業前で出てくれず、先生にメールしたら先生も反対方向から同じ路線に乗ってくるのですが、そちらも止まっていると返信をくれました。
 幸、30分遅れで電車は動き、20分ほどの遅刻ですみましたが、せっかくのレッスンがもったいなかったです。(先生のほうはほとんど遅れずに済んだそうで、不幸中の幸い

 レッスンのほうは、前回に引き続きテンポ90で後半部分の練習。
 前回ズレたところ、お盆期間の自主トレのお陰で私は何とか解決したのですが、今回同じところで他のメンバーが私と同じように1拍ずれて悩んでいたので、やっぱり混乱しやすい部分だったようです。
 前回より他のメンバーの音も聞こえてきて、少しずつ曲らしくなって…きているといいなぁ

 次回は最初から最後まで通しでテンポ95でレッスンとのこと。
 更に9月はアンサンブルレッスンが2回から3回に増え、10月は毎週レッスンと、11月の本番に間に合うよう加速していく予定です
 テンポアップについていけるよう、頑張りたいです。
 あ、来週は個人レッスンも…。そっちも頑張ります。
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

フレッシュベリーのロングネックレス&ピアス

2011-08-18 9-20-17_0007
 毎日暑いですね
 もうバテバテですが、今年の夏は残念ながら帰省できなかったため、時間的には余裕があり、マイペースで手作りを楽しみながらリフレッシュしてます。

 上の写真は12個ずつの淡水パールやビーズで作ったビーズボールをベリーに見立てて組み合わせたロングタイプのネックレスとピアス
 緑のドロップビーズや細長いシルバーのツイストビーズが涼しげで、お気に入りの一品に仕上がりました。

 ビーズボールは基本的な八の字編みの応用で、何度も作っているものなのでお手の物でしたが、すべてのパーツをマルカンでつなぐという作業が苦手で、どうしてもすき間が空いてしまい、すき間からパーツがはずれて壊れないか…という恐怖がつきまといますが、これが私の精一杯なので、壊れたらまたつないで使うとします。

 私は体格がいいので、短いタイプのネックレスより、どちらかというと大ぶりなものや長めのネックレスが好きだし似合うと思うのですが、以前気に入っていた、どんな服にも組み合わせが効いて便利に使っていたロングネックレスを自転車にひっかけて壊してしまって不便していたので、このネックレスが代わりに大活躍してくれそうです。
 このまま使うことが多いとは思うけど、中ほどのマグネットのパーツをはずすと上下別々にも使えるという優れもの
 ピンクが中心のわりに大人っぽい落ち着いた色遣いなので、いろんな服に合いそうで楽しみです。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

着回しカーディガン

2011-08-09 15-38-34_00172011-08-09 15-39-52_0020
 こんな暑い時期に恐縮ですが、久々に編み物の記事です。
 編み物ってとっても楽しいんだけど、ゲージをとって計算しても、編んでいるうちにどんどん寸法が狂って、加減しながら編んでも本当に編み上がるまでは、本当に着られるものになるかどうかドッキドキ…。
 はっきり言ってかなりの時間泥棒ですが、でも、やっぱり楽しくて編んでしまう。

 シンプルでいて、ちょっと変わった感じの羽織りものを編んでみたいな…と思っていたとき巡り合ったニットの本、簡単でオシャレなものがたくさん載っていて、しかも私の大好きな2WAYのものも多くて、製作意欲がどんどん湧いて…。
 中でも、このカーディガンを見たとき、十何年も前にセールで買ったものの形にしていなかったこの糸で編んでみたいと思いました。
 (麻やレーヨンが混ざった夏糸で、幅広い季節に着られそうだけど、さすがに今見ると暑いですね
 端のケーブル模様以外は単純なメリヤス編みで、長方形に編んで2カ所スリットを入れて、スリットの目を拾って袖を輪編みしただけのものですが、面積があるので、ただただ根気勝負。
 
 これ、実は先日入院したときに持っていって、時間がたっぷりあったので、3分の1くらいは病室で編みました。
 看護師さん達から
 「何ができるんですか?」
 「今どき編み物をする人も珍しいですね」
などと声を掛けてもらったのも懐かしい思い出なので、何としても完成させたかったのですが、退院後失速して、その後何カ月も掛かってしまいました。

 編み物は急いでしまうとしんどいので、製作過程を楽しみながらゆっくりと…をモットーに編んでたけど、シーズンをまたいで中断してしまうとそれっきりになりそうなので、最後は「絶対今日仕上げる」と頑張って形にしました。
 まあまあイメージ通りにできたかな~。

 ケーブル模様を襟元に持ってきたのが上の写真ですが、裾に持ってくると下の写真のようになります。
 ちょっとオバサンっぽいかな…と思ったけど、後ろ姿はこっちの方が可愛い。
2011-08-09 15-33-52_00102011-08-09 15-35-44_0014

 こういうのを自在に着こなせるようになれば、私もオシャレ上手になれるんだろうけどな~。
 次に編みたいものもあるんだけど、しばらくはもっと時間を掛けずにできるものを作って楽しんで、リフレッシュしてからまた編もうと思ってます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

アンサンブル

 11月の発表会目指して大曲を練習中のエレクトーンのアンサンブルレッスン。
 前回まではゆっくり前半部分をレッスン
 それさえまだ覚束無い状態なのに、このペースでは11月に間に合わないので、今回は後半部分をゆっくりレッスン。
 
 夏休みに突入して自分の時間も普段より取りにくい中、個人の曲を一時的に棚上げしてここのところ頑張っていたのですが、なかなか…。
 それでも、最近になってカウントと首っ引きで、何とかリズムも合うようになってきたので、まあレッスンを受けられる形はついたと思っていたら…

 なんと、ヘ音記号とト音記号を読み間違えていた部分があったり、休符が一つ抜けてずれていると言われたりで、散々…。
 特に休符のほうは、自分なりに納得してレッスンに臨んだのに違うと言われて混乱状態。
 たぶん他のパートが入ってつられてしまって数えられなくなっているのだと思うのですが、自覚症状のない間違いを直せと言われるのが一番しんどいです。

 先生も「自信を持って核になる演奏をできる人がいない状態だから、何だかぐちゃぐちゃですね」と渋い顔。
 たしかにおっしゃる通りで、返す言葉もありませんでした。
 みんなと一緒に弾いてもつられないで自信を持って弾けるように練習していくのが次回までの必須課題です。

 次回もまた後半部分、テンポを少し上げて練習。
 さらに、今まで月2回レッスンだったのに9月からは月3回アンサンブルレッスンが入るそうで、ガンガン飛ばして頑張ることになりそうです。

 幸か不幸か、この夏は娘が多忙につき帰省できそうもなくなってしまったので、せめてその分練習時間に回して頑張りたいです。 
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

『コクリコ坂から』

 最近気になっていた映画『コクリコ坂から』観てきました。
 最近は映画は年に一本観るか観ないかで、たまに観たいと思っても「レンタルかテレビでやる時でもいいし…」なんて思ってなかなか重い腰が上がらないのですが、今回はタイミングが上手くあって観に行けました。
 主題歌がとても気に入った以外、たいした予備知識もなかったのですが、とても面白くて、観に行って良かったです。

 1963年の横浜という設定もレトロな雰囲気がよく出ていて良かったです。
 手回しの脱水機が付いた洗濯機は幼い頃の記憶にあるし、制服のスカートの寝押しも母に教わって何度かやったけど、さっぱり上手くいかなかったのを思い出しました。
 
 ピアノが前面に出たジャズ風なBGMや手島葵の挿入歌や、『上を向いて歩こう』も良かった。
 そして、やっぱり主題歌の『さよならの夏』、しみじみといい曲です。
 映画を観終わってサウンドトラックを買おうと思ったら、なんと品切れだそうでとっても残念。
 CDは後からでも買えるから、まあいいけどね。

 ストーリーの上っ面は映画のCMのセリフ「まるで安いメロドラマ」ともいえる部分もあるのでしょうが、風景や街並みや時代背景、そして食事の支度や食べるシーン、自転車で駆け降りる急な坂、みんなで楽しそうな大掃除など、魅力いっぱいのアニメーション、今までのジブリアニメとはまた違った面白さがいっぱいでした。
 親の世代の話や、映画以降の展開も気になるところだけど、そういった部分の想像の余地があるのもまたいいのかもしれません。
 …と思いながら原作も読んでみたくなりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。