どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

いよいよ大変!デュエットレッスン

 先日は『オペラ座の怪人メドレー』2回目のデュエットレッスンでした
 ふだんだったら、2回目だとまだ序の口なのですが、今回は期間も回数も少なく、レッスンは全部で3回。あと1回残すのみ。
 本当なら、もう完成近くないとマズイのでしょうが、実態はまだリズムが入るとついていけなく立ち往生する部分もあって、これで来月本番を迎えると思うと恐ろしいです。

 かなりの大曲ですが、前回やった『スターウォーズ』も速いフレーズも多くて大変だったので、同じくらいの練習期間があればモノにできない曲でもないはず。
 泣き所は、重音で速めのフレーズを弾く箇所が何カ所かあって、まだまだ脳を通して弾いているせいか、リズムが入るとアワアワしてしまって、弾けなくなってしまう。
 テーマの部分などは、うちでは結構弾けていたのに、レッスンでは全くというほどダメで、こけてばっかり…。
 やっぱり、何も考えないで弾けるくらい、手に覚えこませないといけないのでしょうが、できていないということは、まだまだ練習が足りないということなんでしょうね。

 自分はあまり弾けなかったけど、相方のカッコいいフレーズが絡むと、とっても素敵!
 覚束無くても、少しでも雰囲気出したいな…とモチベーションは高まります
 少しずつの積み重ねで、ある日突然スムーズに弾けるようになることを信じて、もう少し頑張ってみたいです。
 
 もっと曲想をつけるようにも言われたので、今まで余裕なくてほとんど気にしなかったけど、気をつけたいです。
 時間ないけど、個人レッスンのときも見てもらってレベルアップせねば…!
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

きみまろライブ

 なかなか書けなかったのですが、ちょっと前に綾小路きみまろライブツアーに行ってきました
 1時間ほどのトークショーと鎌倉見学を組み合わせたバスツアー。時々話題にのぼって「行ってみたいね」とは言っていたのですが、ようやく実現しました。

 満員のバスに揺られて鎌倉へ。
 鎌倉は大好きな町で、紫陽花を見に行ったり、たま~に出かけるのですが、今回は極端に時間がない
 1時間ほどしか自由時間をもらえなかったので、鶴岡八幡宮で参拝した後、小町通をぶらつく…という超初心者コース。小物の店を覗くくらいにとどまりましたが、ちょっぴり鎌倉の空気を吸えたから、まあ、いいかな

 食事はバスの中でお弁当。折角鎌倉まで行ったのに…と思ったのですが、小ぶりで煮物中心で地味に思われたこの弁当、なかなかの実力で、丁寧に味付けしてあってとても美味しく、大満足でした。

 いよいよきみまろライブ。
 大きな会場がほぼ埋まっていて、人気の高さがうかがえます。
 私もたまにテレビで見ることがあるので、知っているネタもあったし、近くの席の知らない人が自分の知っているネタになるとオチを先に言ってしまうという迷惑行為もあったにもかかわらず、そこはさすがプロの話術、知ってる話も面白く聞けました。
 近くの席のお客さんをいじっては、話題に織り込んでいくのも楽しく、ライブの間、大爆笑でした。

 1時間ちょっとのライブは短く感じられたのですが、きみまろさん、しゃべり詰めで息切れしていたので、体力的にあのくらいが限界なんでしょうね。
 でも、みっちり笑った1時間、とても楽しく過ごせました。

 私は鎌倉で買い物をした後だったので買うのを我慢したけど、会場には「きみまろせんべい」や扇子などのきみまろグッズやCDも売っていて、長蛇の列ができていました。
 きみまろライブ楽しめたってことは、私も押しも押されもせぬ立派な中高年ってことね。
 また機会があったら是非行ってみたいです。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

個人レッスン

 エレクトーンの個人レッスンに行ってきました
 3月のイベント準備でいっぱいいっぱいになっています。

 『哀愁のアンダルシア』
 完成には程遠い段階だけど、他に弾けそうな曲がないので、ソロはこの曲を演奏するつもり
 本来210のテンポ、今目一杯上げて195まで持ってきたけど、これ以上いけるかな…、ノリの悪さをカバーするために、いっそ頑張って上げたほうがいいのかもしれないけど、危険もいっぱい
 演奏が行き届かなそうなのは心配だけど、華やかな曲なので人前で演奏する機会があるのは嬉しいです。
 前に譜読みの間違いを指摘されたところ、直したつもりが、弾きこむうちにまた元に戻ってました。
 そのあたり、気をつけて、尚弾きこんでいきたいです。

 『さよならの夏』
 いっぱいいっぱいながら、6級の曲ということもあって息抜きソングとして、たまに練習してます。
 先生からは、同じ音が続くときに妙な具合にはねて弾いていることと、曲想が足りないのでmpの部分をもっと音量下げるように指摘が。
 自分では曲想つけているつもりだったので、次に弾いたときはかなり大げさにボリューム落として「やりすぎですか?」と聞いたら、「そんなことない。それくらいやらないとわからないですよ」
 たしかに、自分ではやってるつもりでも少々じゃ周りに伝わらないかもしれませんね。

 それから、装飾音符のヘタさも指摘されて部分練習。
 これは自分でも気づいていて、装飾というより、普通のメロディーのように重たく弾いてしまう…。
 装飾音符の後の音符がしわ寄せで短くなっているので、その辺も気をつけるように…とのことです。
 6級の曲は、5級以上の曲よりは余裕があると見られてか、細かく指摘貰えて嬉しいです。
 息抜きなんて言っていられないけど、まあ、焦らず頑張ります。

 『オペラ座の怪人メドレー』
 これがデュエットの曲。このままでは間に合わないので、個人レッスンでもみてもらってます。
 この曲、あの有名なフレーズ以外はほとんど知らなかったのですが、演奏することになって映画をDVDで何度も見て、すっかりハマっています。
 イメージトレーニングはできているはずなのですが、演奏はおぼつかない。重音で速いフレーズを弾くところはリズムに追いつけなくて空白になってしまっているし、ベースでメロディーを弾くところは足がつりそう。
 でも、部分練習頑張ってるので、来週のデュエットレッスンまでには少なくとも空白地帯はなくしたいです。

 前回までレッスンしていた『ストレンジャー』は、余裕がなくなってきたので『AYURA』とともに、イベント明けまで見送りになってしまいそうです。
 とりあえず、イベント用の2曲に全力投球します。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

デュエットレッスン

 昨年11月の発表会以来、実家方面でいろいろあって個人レッスンさえおぼつかない状態だったのですが、先日久々のデュエットレッスンに行ってきました。

 来月ちょっとしたイベントがあるらしく、それに出してもらうことになったのですが、デュエットと、それからソロでも1曲…と、なかなか大変。
 でも、断るのはもったいない話だったので、頑張ってみることにしました

 それはいいのですが、デュエットの曲が私には難曲
 ミュージカルのメドレーなのですが、テンポや調がコロコロ変わり、Dボタンを使ってゆっくり演奏するのではレッスンする意味がないので、レッスンでも本番と同じデータで本番のテンポで弾かなければいけない。
 それは十分理解していたので、レッスンまで間に合わせようと頑張ったつもりだったのですが、難しいところに限って♭の数が増えるしテンポは速いし…でゆっくりでないと弾けない。

 レッスンの日が近付いてきて、これは間に合わない…と気づき、うっかり眠くなるといけないので夕飯時の晩酌をやめ、夕ご飯のメインを冷凍モノにし、前日の睡眠時間を大幅に削り、当日の掃除をさぼり…とあの手この手で練習時間を捻出したのですが、とうとう弾けないままレッスンを迎えてしまいました。

 せっかくのデュエットレッスンなのに、楽しいどころか針のムシロ…と足取り重く出かけました
 あれこれ言い訳するのを「無理でも、とりあえず本番のように合わせてみましょう」と先生に促され、仕方なく…。
 でも、先生も私がすぐに弾けないのは想定済みだったのか、細かいことは言わずに、リズムに合わせにくいところ、2人で息を合わせるところを中心に全体の流れを教えてもらいました。
 私は余裕が全くなく、エンディングのリズムなしで2人で息を合わせて弾くところで相方が顔を合わせようと待っていてくれているのに、どんどん先に進んでしまったりして、しどろもどろ

 それでも何回か合わせていくうちに、大きな流れはわかってきた感じ。
 2人できちんと合わせられたら、これはカッコいいぞ…というのはわかってきたし、肝心なところはさっぱり弾けなかったけど、練習するイメージというか目標ははっきりしてきたので、レッスンできて良かったです。

 本番まで時間がなくて大変だけど、重音はいっぱいあるものの、いわゆる速弾きはなく、もう一山越えればできない曲ではないと思うので、頑張ってみたいです。

 来週の個人レッスンでも、見てもらうつもり。あ、ソロの曲もあるんだった…。いっぱい練習します
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

手提げバッグ

2009-02-05 19-00-37_0013
 今年初手作り…になるのかな?作りたい気持ちや作りたいもの、材料も余るほどあるのに、なかなか形にできません。

 このバッグは実家の母のために作ったもの。
 自他ともに認める外出好きだった母。
 大病で手術して以来、話をしていても咳き込んでしまうし、食事もみんなと同じペースでできないし、食べてももどさずにいられるか心配で…
 まだまだ外出は難しいようです。

 それでも、うちの中で趣味でサークルに入っている俳句などを楽しむ落ち着きも少しは取り戻してきたそうで、年末に実家に帰った際、季語辞典などの本や筆記用具などを紙袋に入れて家の中を移動していて、その袋が破けそうになっていたのを見て、作るのを約束したものです。
 何だかんだと取り紛れて遅くなってしまいましたが、余り布で作ったわりになかなか綺麗にできたのでは…と思っています。
 ただ、丁寧さより早さと丈夫さを優先してしまったために、ちょっと雑な仕上がりになってしまいましたが、うちの中で持ち歩くには必要十分でしょう。
 中袋にも明るい色を選んだので、寒い中にこもっている母の気持ちが少しでも引き立てばいいな…と思ってます。

 今度は娘のマフラーを編む約束をしているので、そっちも頑張ります
 はやく仕上げて自分のものも作りたいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。