どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

『彼こそが海賊~パイレーツ・オブ・カリビアン』

 今回で仕上げと予告されていたアンサンブルのレッスン曲『彼こそが海賊~パイレーツ・オブ・カリビアン
 出来が良くて…というよりも、新春に迫ったお弾き初め(発表会)の練習で忙しくなるため、やむを得ず無理矢理終わらせる感じ。
 …とはいっても、一応仕上げにふさわしいところまで弾き込んでいかなければ…
とは思っていたものの、発表会で弾く曲で精一杯で、前日と当日少し練習した程度になってしまいました。

 1回目合わせてみたら、やっぱり…あんまり合わな過ぎて笑えてくるくらい
 部分的に合わせたり、二人ずつ弾くのを繰り返して、ようやく最後は「最初と比べたら、随分よくなりました」と、完璧には程遠いけど、相対的にマシになったということで、仕上げとなりました。

 前回のレッスンで初めて聞いたのですが、来年には遠くに引っ越してしまうメンバーがいて、今の教室に移って以来一緒に楽しんできた今のメンバー揃っての最後の曲ということになってしまいました。
 残念だけど、皆それぞれ事情があるのは仕方ないんでしょうね。
 でも、そのメンバーも頑張ってお弾き初めに出るということなので、演奏を聴くのも、こちらが弾くのも楽しめるように、これからはソロの練習頑張っていきたいです。

 …と思ったら、昨日の夜、仕事から帰って思わずソファでうたた寝して起き上がったら左膝が痛くて足が動かない。足を引きずりながらようやく動くけど、起き上がりや立ち上がりが特に辛くて、今朝になっても足の向きが変わっただけでも「イタタタ…」状態で治る気配がない。

 ダンナに送ってもらって整形外科に行き、注射を打ってもらって痛み止めと湿布をもらい、今はだいぶ楽になった状態。
 まだベースの練習は厳しいから、とりあえず左足を抜かして部分練習を強化しようかな。

 レントゲンでも異常がないし、炎症がおきて熱を持っているだけみたいだから、そんなに時間がかからず治るとは思いますが、当たり前のように動いていた足が動かない辛さを体験して、やっぱり体調管理にはもっと気を配らねば…と身に染みました。
 無理せず頑張りたいです。
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

『まほろ駅前多田便利軒』

 何だかんだ忙しがってはいますが、少しずつ本を読んだり録りためたDVDを見たりもしています。(そのため、後で泣くことにならないように頑張らねば…

 三浦しをん原作のこの本は前から興味がありました。
 第一に三浦しをんの経歴。出版社に就職試験を受けに行って、そのとき書いた小論文を見て「あなたは小説家になるべきだ」と言われたとか(記憶が曖昧だけど、そんな話だったかな
 そんな人って本当にいるのね…三浦しをんもスゴイけど、その後の活躍ぶりを予想したとしたら、勧めた人もものすごい目利きですね。

 それから、私が習い事に通っている街がこの小説の舞台だといわれている点でも親しみがありました。
 小説読んでみると、時々行く程度の私でも、「ああ、このデパートのことかな」とか何となく結びつく部分があるのも面白かった。
 主人公の多田と行天のそっけないような、でも切っても切れないような関係も、奇妙な依頼人達も、本当にあの街にいるように活き活きと描かれています。

 小説を読み終えたら映画も観たくなってDVD借りてきました。
 何より、主演の二人(瑛太と松田龍平)がはまり役。そして、小説の雰囲気がとてもよく再現されて楽しめました。
 私は、自称コロンビア人の怪しげな、でも気のいい女性二人組が、チワワの元飼い主の少女を精一杯おもてなしする部分が一番好きなんだけど(でも、最初は「そんな人たちに可愛いチワワをあげたらダメ!}と思っていた)映画ではかなり割愛されていていて、ちょっぴり残念…。映画は時間が限られてるから、仕方ないけどね。

 でも、この前本屋さんで文庫版の帯を見たら「来春テレビドラマ化決定!」って書いてあった。
 そのままのキャストでドラマになったら楽しいだろうな~。映画よりいろんなエピソード盛り込めるだろうし、今から楽しみです。
 
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

一山越えた…?

 今週はエレクトーンのグループレッスンがありました。今回は2人で1時間のレッスン。以前アンサンブルを組んでいた人と一緒だったので、そういう意味でも楽しかったです。

 最初に『In Our tears
 前回はリズムを入れられなかったので、今回はゆっくりですがリズム付きで。
 ゆっくりでもリズムを付けるとなると、次のフレーズを探している余裕はないので、まだまだ焦ってしまう。ここまで持ってくるのが大変でした
 まだまだボロボロですが、雰囲気少しは掴めるようになってきたので、もう少し余裕持って弾けるよう練習を重ねていきたいです。

 続いて『AYURA』
 前回、初めてラストまでいったんだけど、全然埒があかなかった後半、鬼のような部分練習の自主トレを経て()だいぶスムーズに弾けるようになってきました。
 ベースメロディの部分とそれに続く左手メロディのところが最後まで苦労しそうですが、調子よければ弾けるようになってきました。ようやく一山越えた感じです。
 こうなってくると、練習が楽しくなって、他の曲そっちのけで『AYURA』ばかり弾きたい状態です。そうこうしているうちに、また次の山に気づいていくのでしょうが…。
 いろんな部分でいろんなメロディが鳴っている曲なので、それぞれが少しでも綺麗に鳴らせるように、頑張っていきたいです。

 発表会用の2曲を見てもらったので、あとは時間がないだろうな…と思っていたら、なんと時間があって、『クシコスポスト』
 「曲の変わり目でミスタッチが多くて雑な感じがして残念」と言われましたが、それは自分でも感じていたところ。発表会の曲に押されて練習不足でもあります。もう一度遅いテンポから練習し直す必要があるかも…。全部の曲に力を入れるのも大変なので、まあこの曲はゆっくりやります。

 『天城越え』も進歩なしながら、時間があったので弾いてしまいました。「わ~、知ってる曲」と一緒にレッスンを受けた人が喜んでくれたのだけが収穫でしたが、あまりにも出来が悪かったので「弾けるようになったら、また聴いてね」とフォロー。
 この曲もゆっくりじっくり、やることになりそう。とりあえずは、期日が決まったものから頑張るという鉄則で帳尻を合わせます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

自分を追い込んでみよう作戦~合格宣言してみる?

 娘が小学校に上がった年に、午前中だけ週3日から始めた介護のパート。
 仕事時間こそ8時間に伸びたものの相変わらず週3日で扶養の範囲で細々と…ではありますが、この仕事を始めて10年経ちました。
 鈍臭くて気が利かない私に勤まるはずがないと迷い、1カ月で辞めてもいいからやってみようと決心したのが昨日のことのようですが、今もベテランと呼ばれるようになったものの、仕事に行く度に思いがけない事がおきたり、判断に迷うことだらけで、いまだに自信なんてそんなにないな~。

 でも、10年やり続けてきた証のようなものも欲しいし、ヘルパー2級の資格を取って以来ろくにまとまった勉強もせず、行き当たりばったりでやってきたことへの反省もあるし、ダンナにまで「せっかくそういう仕事をしているのに上の資格を取ろうとも思わない向上心のなさ」を指摘され、どちらかといえば私が仕事をするのに反対だったはずなのに何故と思いつつもその挑発に乗ってやろうじゃない…という気持ちもおおいにあり…

 よせばいいのに、今さら『介護福祉士』の国家試験に申し込んでしまいました。
 申し込めば怠け者の私でも勉強すると思ったんだけど、それが全然…。たまにテキストを開いても眠くなってしまう有様で勉強するどころではありません。
 そうこうするうちにエレクトーンの発表会を始め、勉強の妨げになるような予定が着々と持ち上がっています

 受験料を棒に振るわけにもいかないし、先延ばしにしても、いつも何だかんだ落ち着かないし、体力も落ちる一方。あ、頭のほうもか…。今回あきらめたら、次の機会はこないかもしれません。
 これは、自分を追い込む作戦に出るしかないな…ということで、迷う気持ちを振り切ってここで合格宣言してみます。

 「介護福祉士の試験、絶対に一回で合格します」

 さあ、これで少しはピリッとするといいんだけど…
 たまに進捗状況報告しようと思うと刺激になるかもしれないから、カテゴリ作ってみます。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

はじめてのパン

 親戚から貰ったお祝い返しのカタログ、私が選んでいいと言われて喜んだけど、迷ってしまって…。
 最初、何となく欲しいなと思っていたウクレレにしようと思ったんだけど、ダンナ方の親戚から貰ったカタログということもあり、家族のために使えるものの方がいいかな…と思い直して。
 ウクレレを手に入れてしまったら、この頃ご無沙汰しているギターに触る機会がますますなくなるかも…という気持ちもあったし…。
 
 今までわざわざ買おうと思ったことはなかったけど、ブログで仲よくしているコアラちゃんの記事を見て興味があったし、案外みんな普通に持っているんだ…と知人との会話で気がついたこともあり、ホームベーカリーを申し込んでみることにしました。

 申し込んでからネットでちょっと調べてみたら、届く予定のホームベーカリー、かなり評判が悪い。
 「どっしりしていて、ふんわり感がないパンが焼ける」と言うのです。
 中には「付属のレシピが良くないだけで、安い割にいい機械だ」という声もあったので、それに期待するしかありません。
 カタログで貰えるからダンナにもOK貰えたわけで、他のもっと機能のいいホームベーカリーを買う選択肢は元々なかったので、とりあえずホームベーカリーを体験できるだけでもいいか…と割り切ることにしました。

 届いたホームベーカリーは、ほとんど炊飯器のような外見。
 流行りのごはんパンやケーキ作りの機能はないけど、まあ、シンプルで使いやすそうです。
 付属のレシピはイマイチかもしれないので、得意技で本を買ってしまいました。
 日常的に家で焼くならヘルシーなほうがいい…ということでバターなどの油脂を使わないレシピ満載(かわりにコンデンスミルクたっぷり使いますが…)の本。

 ところが付属のマニュアルを読んでみたら、「付属のレシピ以外で作るときは自動のコースで作らないように」と書いてある。
 激しく迷いましたが、せっかく本を買ったので、マニュアルの警告は無視して本のレシピで、自動の「食パンコース」で作ってみました。

 ネットで評判のいい粉とイーストを買ってきてあったので、それをきちんと計量してスイッチポン!
 やれやれ…とホッとして10分後気が付きました。付属の羽根をセットし忘れたことに。
 パンを焼くのが初めての私でも、羽根なしでは絶対失敗作にしかならないことは予想できます。
 仕方なく蓋を開けて中身を全部取り出して、箱を洗ってやっと羽根を取り付けることができました。
 材料を戻して再開したのですが、その時点で、決して混ぜてはいけないはずのイーストが水分と混ざってしまったので「試作品だから、ダメ元でいいか」と覚悟を決めました。

 ドキドキしながら待つこと4時間、仕上がりの合図で蓋を開けたら、結構いい感じで焼けてました。
 RIMG0387.jpg
 ここまでは良かったのですが、取り出してすぐ切ったのと、私の切り方修業が足りないためか、切ったらこんな感じ
RIMG0394.jpg
 でも、とってもふんわりモチモチ美味しくできました。家族も喜んでくれたし、まずは大成功。

 パンが焼ける香りで目覚めるのも悪くないな~と欲も出て、2作目は週末の朝にタイマーを仕掛けて作ってみたのですが、音が結構うるさい。近所迷惑にならないといいけど…。
 我が家の日常に定着するにはまだまだ試行錯誤が必要ですが、当分ホームベーカリーがブームとなりそうです
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。