どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

『高田和泉CD発売記念ツアー』

 1週間後に迫る介護福祉士実技試験…全ての時間を注ぎ込んでも準備が間に合うか不安…にもかかわらず、この時期に限って、魅力的なライブが目白押し…先週まで思う存分楽しんだので、一時は諦めようとも思ったのですが

 でも、高田和泉さんは最近のお気に入りで、この1年の間に2曲も人前で弾いているほど…しかも、時間をよく見たら、上手に準備をすればお昼ご飯にも晩御飯にも影響が出ない絶妙な時間帯…試験1週間前は辛いけど、行かない手はありません。家族の目を気にしつつも思い切って行ってきてしまいました。
 高田和泉さんの3rdアルバム『Rendez-Vous!』発売記念ライブツアーです。

 初めて見る高田和泉さん、とても綺麗なブルーの衣装がお似合いで、トークも気さくな感じで、演奏も素敵でした
 そして、共演のミュージシャンの方々がみんな演奏も素敵だし、チームワークも良さそうで楽しいライブでした。
 中でも一番魅力的だったのが、ケーナとサンポーニャを演奏した山下Topo洋平さん。ご本人も小柄で楽器も小柄で素朴そうなのに奏でる音色や息遣いがとても素敵で、もっともっと聴いてみたい演奏でした。

 曲も、前回より和風で大人っぽい曲も増えて、いろんなタイプの曲が楽しめました。
 東日本大震災にまつわる曲もあって、東北出身の私はやはり共感できて弾いてみたいと思いました。

 CDの曲全部アドリブも入ってたっぷり演奏してくれたので嬉しかったけど、帰りは思ったより遅くなってドキドキ
 でも、CD開始前に買っておいたのが功を奏して、1番前に並ぶことができ、高田和泉さんが気取らずさっと出てきてくれたこともあって、サインもしていただくことができました
 「曲集楽しみにしてますね」と言ったら「あ、曲集の話をするの忘れてた」と可愛い反応でしたが、気さくなお人柄も知ってますますファンになりました。
 きっとどの曲も難しいでしょうが、頑張って練習したいです。

 いい日程で講座をやってくれれば、それも出たいな~なんてどんどん欲が出てきてしまう私ですが、とりあえず、このあとは日曜日の試験に向けて全力投球のつもりです
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   6 comments   0 trackback

レッスン

 先週は、久々にエレクトーンの個人レッスンもありました。

 秋のアンサンブルの発表会の準備がそろそろ始まるので、その説明を聞き、試験の話などもあり…で、前半使ってしまいましたが、後半は数曲聴いてもらって…と言っても、試験準備で忙しく練習も最低限しかしてないので、現状を聴いてもらう感じ。

 発表会で弾いた『In Our Tears』『AYURA』まだまだレッスン中の曲でした。
 更に久々の『天城越え』先生も「ああ、この曲がありましたね」と忘れていたのではないか…の反応。発表会準備で忙しくて中断していたので無理もありません。
 いずれも、どうにかこうにか…な演奏でしたが、まあ余裕がないのも分かってもらっているので「でも、退化はしていないのがいいですね」と大甘なコメントをいただきました。

 元々やっていた曲を頑張るだけで精一杯なはずなのに、それだけじゃつまらないので新曲を無理やり持っていきました。
 『アニソンでカフェ』の中から『ムーミンのテーマ』7級の曲で、幼い頃に見ていたバージョン「ねえムーミン、こっち向いて」のあの曲です。
 ムーミンは昔から好きで、アニメだけでなく、本もたくさん読みました。哲学的なところもあって大人も楽しめそうなので、また読んでみたいですが…。
 カフェ風ということでボサノバ調のおしゃれなアレンジ
 休符に気づかなかった部分と同音連打(いつも言われてますが)注意受けたので、次回まで修正して、大人っぽいムーミンにしたいです。

 次回のレッスンは介護福祉士の実技試験明け。試験が終わるまでエレクトーンには触らず、試験対策頑張ります。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

スターダストレビュー・コンサート

 先週末、スターダストレビューのコンサートに行ってきました。
 昔はコンサートは欠かさず行き、CDは全て持っていて、ファンクラブにも入っているくらい大好きだったスターダストレビュー…、そういえば、グレード用のアレンジでスタレビの『夢伝説』を持っていったり、アンサンブルの発表会でもバックコーラス付きで『夢伝説』やったこともあったな~

 大好きだったキーボードの三谷さんが脱退し、自分にも子供が生まれ…そうこうしているうちにすっかり疎遠になって、正直言ってほとんど忘れかけていました。
 そんな私をスタレビに引き戻してくれたのが、去年行ったエレクトーン仲間のパーティ-でのこと。
 珍しくスタレビの話をしている人がいて、初対面だったけど「今スタレビの話してました?」と割り込んで、そしたらその人が現役の大のスタレビファン、しかも、エレクトーン仲間を誘っていつもコンサートに行っているということで、それからスタレビの話に花が咲き、「今度コンサートあったら私も誘ってください」と頼んでいたら本当に声を掛けていただき、何と18年ぶりのスターダストレビューのコンサートに行くことになりました。

 考えてみれば、エレクトーン以外のコンサートに行くのも、たぶん18年ぶりかな~。
 18年ぶりに再び総立ちのコンサートに戻って違和感はないものか…という不安や、ブランクの18年間に発表された曲は『本日のスープ』くらいしか知らないので、今のスタレビに馴染めるか…という不安も若干抱えていました。
 
 張り切って会場が開くと当時に入場…ショップを覗いていたら『30周年ライブDVD』が売られていて、やっぱり欲しくなり購入。新しいアルバムは、まあいいかな…ととりあえずスルーしました。
 会場はほぼ私に近い年代や少し上の年代の方も多く、違和感は全くありませんでした。
 コンサートが始まるといきなり総立ち!懐かしいノリのいい曲満載で…不安はどこへやら、音楽もトークや演出の楽しさも以前のままで、思いきり楽しめました。
 デビュー曲の『シュガーはお年頃』のバックコーラスに会場も参加したり、知ってる曲も多かったので、思わず一緒に口ずさんだり…すっかり時間が戻った感じです。ノリノリの曲も、スタレビらしくしっとり美しいアカペラコーラスにもどっぷり浸り、やっぱりスタレビはライブが一番…と戻ってこられた幸せに酔いしれました。
 たっぷり時間をかけてくれたコンサートだったにもかかわらず、終わるのが勿体なくてこのまま時間を止めたいくらい幸せな時間でした。
 新アルバムの曲も、みんな素敵で、帰りは思わずまたショップに走り、CD購入。

 家に帰っても買ってきたCDやDVDでスタレビ三昧といきたいところでしたが、翌日の介護福祉士実技対策講座でみっちり絞られ、それどころじゃないのに気づいたので、試験が終わったらどっぷりスタレビ漬けを餌に、当分勉強&シュミレーション頑張らねば…。
 
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

介護福祉士挑戦中

 先日のエレハピライブの後に、もう一つ素敵なコンサートがあり、そちらの記事を書きたいところですが、その前に一つ、今書いておきたいことが…。

 先週末、ついに待っていた知らせが届きました。『介護福祉士実技試験受験票』です。…ということは、やった~!介護福祉士筆記試験無事通過です。
 各社から速報が出て自己採点もしていたので、マークシートでアクシデントがなければ大丈夫なはずという思いもあったのですが、でも、やはり、通知がくるまで不安でなりませんでした。郵便事情が悪いので、通知が届くのが今週になるかと思っていたら、順調に届いて良かったです

 ホッとするのも束の間、今度は先輩に進められていた実技試験の直前対策講座へ。
 いや~、予想はしていたものの、大いにしごかれました。
 職場でやっているのは、ほぼ全介助の介護ばかりで、それだったらお手の物なのですが、試験で求められるのは利用者さんの持っている残存機能を極力使っていただくもの…戸惑うばかりです。
 しかも、片マヒの設定の事例が多いのですが、職場にも片マヒの利用者さんはいるものの、○○さんはこちらがマヒ…と見た目で覚えているので、右左と言われても混乱するばかりで…
 
 最後に試験に即して5分間問題文を読んで先生の前で模擬テストをしてみたのですが、いやはや上がったなんてもんじゃありません。
 試験になったらいきなり今までと逆側のマヒという設定に変わったこともあり、すっかり大混乱
 利用者さんの頭側に杖を立てかけてしまい「それは危険行為です」と注意される始末。
 問題文にあった上着を着ていただく行為をすっ飛ばしたにも関わらず、制限時間内に実技が終わらず、先が思いやられる出来でした。

 こんなことなら介護実技講習を事前に受けて実技試験免除にしておけば良かった…とお金が惜しくて免除にするのをやめたのが惜しまれます。
 曲がりなりにも10年介護に携わってきたのは何だったんだろう…という思いもありますが、今までの力任せの介護で腰も痛め、そろそろ別のやり方をしなければ…、介護の基本を勉強したい…という気持ちもあって介護福祉士の受験を決めたこともあり、これを機会に自分の介護を見直す必要はありそうです。言い訳すれば、現場にいると少しでも先を急ぐ必要もあり、十分な時間がないのが実情で今の介護のやり方になってしまっているのですが…。

 筆記と違って、直前に5分間問題を見せてもらえるだけで5分間の実技試験で試される実技試験はきついけど、講座で勉強したことを少しでも身につけて、きちんとシュミレーションする時間はまだ残ってます。
 実技試験まで2週間を切りましたが、実技試験に進める幸せを噛み締めつつ、最後の最後まで頑張ってみます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

エレハピライブ

 先月発表会2つを終えて、その翌週に介護福祉士筆記試験もあって、さすがにお疲れ気味だったのが、レッスン、教室仲間のパーティーとだんだん気持ちが上がってきているところではありますが、更にやる気をアップさせてくれるイベントが…。

 ブログ友達が出演するというライブが渋谷であったので、元気を貰おうと出かけていきました。
 もう一人のブログ友達もはるばる遠方から演奏を聴きにやってくるというので、渋谷ヒカリエで待ち合わせてお茶からスタート
 渋谷は結構近いのに、トレンドに疎い私はヒカリエ初体験。お店も人もいっぱいだな~という予想通りの印象で、ちょっとお茶しようと思っても行列ができる店状態で大変でしたが、待った甲斐あって、お茶したお店で食べたモンブランケーキが大きくて、運ばれてきた途端に二人共歓声を上げてしまったほど。味も美味しく、久々の再会に話に花が咲きました

 久しぶりの渋谷エレクトーンシティで懐かしの憧れの旧機種GX1の展示などを見て遊んでいたら、何と出演するブログ友達が通りかかり、長年ブログで交流していたのですが、初対面を果たすことができました。
 オフホワイトでコーディネイトされた衣装と手作りのパールのアクセサリーがよく似合って、イメージ通り明るく優しい印象でした。

 ライブのイントロで誰かが歌っているな…と思っていて、出てきたのを見たら主宰の川田祐子先生で、歌も上手なのでびっくり。それに合わせて出演者が会場とステージを行き来して踊っているのですが、これもまた楽しそうで、踊るというより飛び跳ねている元気さでした
 生ドラムを交えて個性あふれる迫力のある演奏と楽しいおしゃべりが続きます。みんなとっても楽しそうに演奏していてエレクトーンが好きで好きでたまらないのが伝わってきました。

 中でも、ブログ友達が自らアレンジした『そよ風の誘惑』…、昔から大好きな曲なので楽しみにしていたこともあるのですが、原曲のイメージを裏切らず、それでいて新鮮なアレンジで、素敵なメロディーと音色のシャワーを浴びて癒され、リフレッシュできました
 こんな風にアレンジ、演奏できたら素敵だな…と改めて思いました。

 ラストの川田祐子先生の演奏も初めて聴くので楽しみにしていたのですが、元気で明るくて素敵でした。お人柄も元気でさばけた感じでとっても楽しそうに演奏されるのが印象的でした。
 人前で楽しく演奏して、しかも楽しさを人に伝えるって、口でいうほど簡単でないのは発表会を数多く経験している私は身にしみて感じてしまいますが、練習と準備は入念に…それを裏付けに本番は目一杯楽しく…こんなふうにできたらいいな~の素敵なライブでした。
 期待以上に元気を貰ったので、私も来週の久々の個人レッスンに向けて少しずつ頑張っていきたいです。 
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

レッスン&パーティ

 介護福祉士の筆記試験、まだ正確な合否もわからないし、でも実技試験の勉強もすすめなきゃいけないし、試験前に体調を崩した余波か、うすら頭痛い状態も続いていて、エレクトーンがある生活になかなか戻っていけない感じ…。

 そんな自分をエレクトーンに引き戻すべく、とりあえずグループレッスン入れてみました。
練習不十分なこともあって、わざわざアンサンブルの元メンバーが予約している時間帯にレッスンを入れて、思惑通り(?)前半はおしゃべり&旧交温めで、発表会や試験の話など花が咲きました。
 練習十分とはいかなかったものの『AYURA』をレッスン。途中で集中力が切れて何処を弾いているかわからなくなり、先生が慌てて教えてくれる…という相変わらずの演奏でしたが、まあ弾いた事に意義があるということで。

 昨日は教室仲間のホームパーティもありました。昨年末は忙しくて残念ながら参加できなかったのでちょっと久しぶり。同じく久しぶりなメンバーや初めてのメンバーも入り混じり、賑やかでお腹いっぱいの楽しいパーティーになりました。
 演奏は相変わらずの『AYURA』で、お酒も入っていたので演奏もそこそこでしたが、発表会より気楽に弾けたし、他のメンバーの演奏も聴けて楽しかったし、こういう機会を持てるのはやはり恵まれているな…と思います
 発表会の後、早速『AYURA』のレッスンを始めてくれたというメンバーや、『AYURA』気に入ってダウンロードして聴いているというメンバーもいて、つたない演奏ながら曲の良さを少しでも伝えることができたようで、とても嬉しく感じました。

 イベント続きの後ちょっと停滞気味のエレクトーンでしたが、エレクトーン仲間との楽しい交流でまた刺激を貰えたので、少しずつ練習再開していきたいです。
 次のレッスンまでに簡単な曲でも新曲を用意できたら…なんて欲も出てきています。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。