どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

アンサンブル!レッスン開始

 おととい久しぶりのエレクトーンのアンサンブルレッスンがありました。

 9月のアンサンブル発表会…この教室一番の大きなイベントで1~2年に1回大きな会場を借りて行われるのですが、私もこの教室に入って6年くらいになるのかな…、早くも4回目の出場となりました。

 今回は引越しのためメンバー一人が抜けたものの、新たに二人加入。新メンバーは男性ということもあって、新しい空気を運んできてくれそうで、それはそれで楽しみです。

 初回ということで、前半は簡単な自己紹介の後みんなで曲を聴いて先生の解説を聞いたり、他のグループの弾く曲目を教えてもらったりしました。好きな曲揃いで、全部自分で弾きたいくらいだけど、それはどう考えても無理なので、聴かせてもらうのが楽しみです。
 レッスン時に初めて譜面を受け取ったメンバーもいて、今回は先生が各自のエレクトーンを回ってレッスンをしたところで時間切れ。
 
 その後、お茶をしながら顔合わせ。新メンバーはアンサンブルは全く初めてということで不安と期待が入り混じった様子でしたが、「聴けば聴くほどいい曲だから頑張りましょう」と、みんなでやる気を確かめられたのが良かったです。

 難しい部分もありますが、先生が弾けるはずだと思って譜面を書いてくれたのでしょうから、頑張りたいと思います。次回は連休明け。帰省もあるので忙しいですが、効率良い練習を目指したいです。
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

レッスン♫

 先週に引き続きエレクトーンのレッスン。今日はグループレッスンなのですが、私以外に予約を入れた人がいなかったらしく前半30分は練習タイム。
 先週のレッスン以来あまり練習時間がとれていなかったので、とてもありがたい練習タイムでした。

 30分後先生登場
 そこで早速渡されたのが来週レッスン開始のアンサンブルの譜面
 私にとって、今日のレッスンのメインテーマがこの譜面を貰うことだったので、早速めくってみると、5人という人数でそれぞれ聞かせどころがありそうな感じで、弾くのが楽しみになってきました。
 ソロの曲もお留守にならないようにしつつも、アンサンブルの練習にも力を入れていきたいものです。

 先週2曲仕上がってしまったので、急に貧乏性が顔を出し、何となくダラダラ譜読みをしていた『グリーンスリーブスde1.2.3』急遽リズムを入れて、ゆっくりですが弾いてみました
以前先生のデモ演奏で聴いてアコーディオンの音色でフランス風なアレンジが気に入っていたのですが、6級の曲のわりに難しく後回しになっていたもの。
 その後で弾いた『天城越え』もですが、リズムの読み間違いや、弾いているつもりで違って聞こえる部分が何箇所も指摘されてしまいました。
 この頃、ドラムを習っているブログ仲間のコアラちゃんの記事を見ていても思うのですが、改めてリズムに関する詰めの甘さを痛感しました。何となくこうかな~で流してしまいがちですが、よく見ると違っていた…ということも多いので、全ての曲に渡ってじっくり追求していく癖をつけたいです。

 課題はいろいろありますが、とりあえず、来週のアンサンブルレッスンに向けて譜読みを頑張りたいです。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

「ムーミンのテーマ」「シンフォニック・グレース」

 先日、久々にエレクトーンの個人レッスンに行ってきました。
 久しぶりのレッスンのときはいつもそうなってしまうんだけど、介護福祉士の合格の話から始まって、いろいろ積もる話もあって、前半はおしゃべりで終わり
 まあ、久しぶりだからといって(いや、久しぶりだからこそ)、そんなに練習がはかどっているわけでもなかったのでちょうどよかったとも言えるのですが…。

 後半は、現状を先生にお披露目。
 『天城越え』はこの頃一番頑張っているのですが、レッスンの結果譜読みの間違いがボロボロ見つかってしまい、また気持ちを新たに練習し直します。
 『In Our Tears』出だしが珍しく上手くいって、途中まで好調だったんだけど、途中から集中力が途切れてしまい、何処を弾いているかもわからなくなってしまい、もうボロボロ
 「せっかくうっとりして聴いていたのに何が起きたんですか」と先生もあきれる始末。 
 まあ、私にはよくあることです。

 成果があったのは『ムーミンのテーマ』と『シンフォニック・グレイス』7,6級の曲ということもあって、そろそろ終わらせようと思ってもらえたのか、何とか合格を貰えました。

 『AYURA』私の中では発表会で弾いた時点で達成感たっぷりなものの、先生はもう少しなんとかなると思ってくれているらしく、まだまだ弾き続けることになりそうです。
 大好きな曲だし、ずっと弾き続けられるように、まだまだ頑張りたいです

 来週グループレッスン入っているんだけど、PTAも忙しい時期で、譜読み始めている曲はあるんだけど間に合いそうもないな~。
 次回レッスンでは、アンサンブルの発表会の譜面を先生から貰えるかもしれないと聞いたので、楽しみです。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

iPhoneデビュー…苦戦中

 2年前に携帯からスマホに乗り換えて、その時も大変だったんだけど、文字入力にも何とか慣れてメールのやりとりくらいはできるようになって、ネット見たりアプリで遊んだり、時刻表や地図を見たり…、それなりに活用はしていたんだけど、初期の頃から繋がりにくくしょっちゅう再起動したり、通話中もプチプチ切れてしまうし…

 それがだんだんヒドくなって、修理しなければと思いながらしなかったのは、面倒なのもあったけど学校の役員活動等でややこしいメールのやり取りもあって、修理に出している間それを確認できなくなるのも困るかと思ったのと、全体的に調子が悪いけど騙しだまし使えなくもなかったので、結局我慢してしまいました
 娘が、私と同時に同じ機種のスマホを買ったものの調子の悪さに我慢できなくてiPhoneに機種変更したとき「機種が悪いという話は聞いてないし、初期不良でもない」というショップの受付の反応を見ていたせいもあると思います。
 高校生の娘は電話やメールのやり取りが上手くいかないと死活問題のようですが、大人同士だと「ごめんなさい」で何とかなるし…

 我慢して我慢してやっと2年経って、ショップに機種変更に行って、希望機種はもちろん先に機種変更した娘おすすめのiPhone。娘に教えてもらえるだろうという下心もあって、迷うことなくiPhone5に変えました。

 大きな誤算は、我慢がアダになって、スマホが本当にあちこち不調で、ショップの人が何度も試してくれたのですが、ついにアドレス帳を吸い上げられなかったこと。
 いろいろ工夫すれば、アップルの人と電話でやりとりしながら救済できるかもしれないと言われたのですが、それもしんどそうだし、考えてみれば不要なアドレスも随分含まれていたし、PTA関係以外は携帯時代のアドレスを使っていて、それは引き継がれるので、本当に必要な相手からは向こうからのメールはとりあえず届くから何とかなるか…と自分で登録することにしました。

 今何とかPTA関係のアドレスだけ登録したところですが、残りはおいおい登録するとします。
 スマホやってたから大丈夫かと思ったけど、ほぼ大丈夫なのは文字入力くらいで、メールやメッセージの仕組みもイマイチわからず、頼みの綱の娘も新学期で忙しそうでなかなか捕まらず…と苦難のスタートではあります。
 面倒だけど、頑張っているうちにいろいろわかっていくでしょう。


 でも、わからないながらも慣れたらいろいろ楽しそうな予感も…。
 写真のアプリも充実していそうで、撮影や加工が楽しめそうだし、ほかのアプリも使いこなしてアナログ人間からの脱皮を目指したいです。
 職場の若者に「iPhoneに変えて苦労してる」と言ったら、iPhoneが若者が持つイメージだからか「IPhone?いっちょまえに!」と笑われてしまいましたが、絶対に使いこなして見返してみせるわ

 とりあえず、iPhoneで撮影したベランダの花に壁紙を変更しただけで大喜びでなヒヨッコですが、今のところ一番興味があるカメラ機能を中心に楽しもうと、またもやこんな本を買ってしまいました。
Posted by とんとこ   6 comments   0 trackback

でっかい封筒!

 こんな風に日常をブログにしたり、ネットショッピングだって大好きだし…
 それなりにイマドキな奥様()だと本人も思い込んでいた私ですが、根っこのところではアナログ人間なんだな~と思い知りました。

 先週の木曜日ネットの速報発表があった介護福祉士試験ですが、合格者に番号があって、家族にはお祝いしてもらったにも関わらず、合格したら届くという大きな封筒を確認するまでは安心できず、やきもきしながら待っていました。
 だって、通知が届いてみたらハガキ一枚で「すみません。入力ミスでした」なんてことだって、全くないとはいえないものね

 木曜日に発送しているなら、首都圏だったら土曜日までには届きそうなものなのに、全く届かず、そわそわ。
 昨日の帰りにマンションの集合ポストを見ても何も入ってなくて「いくら何でも、届いてよ」と怒っていたら、二つ折厳禁のためでしょうが、自宅前のポストにしっかり入っていました。
 これで晴れて合格したと言えるので、ここにも発表です。応援していただいた方々、本当にありがとうございました。

 10年間仕事をしてきて、こんなに介護のことを考えたことはなかった…という点で、試験を受けて本当に良かったです。
 万が一次回介護福祉士受験予定の方が見てくださっているかもしれないので、僭越ながら調子に乗って私が感じた合格のコツのようなものを書かせてもらうと、細かな暗記ものに時間を使うよりも、ざっくり全体像を捉える。過去問をやるなら、全く同じ問題の出し方はないと思うので、解説をよく読んで違う角度から出されても大丈夫な応用力を身に付ける。
 何より、他の職種との連携や、利用者様本位の考え方など、介護福祉士の立ち位置をよく理解して「こんなときどうするのが正解か…」という問題に慣れておいて、それをベースに点数を積み上げていくのが王道かな…と思います。

 実技試験に関しては、できれば一度は直前対策講座を受けておくこと。
 そこで自分の介護法がいかに通用しないか思い知らされたことや、頭が真っ白の模擬実技試験を体験できたことで、ぬいぐるみ相手に何度もシュミレーションしながら練習する気になったし、本番真っ白にはならずに済んだのは大きかったです。
 あと、ベッドやポータブルトイレ、椅子に柵があってもなくても、杖がどんな形でも、マヒがどちら側でも慌てないように応用が利くように心の準備しておく必要があると思います。私の場合はラッキーなことに恵まれていましたが、どんなタイプの試験官やモデルさんが来てもやりぬく覚悟も必要だと思います。

 今回の試験を通じていろいろ気づいたことや考えたこともいい経験で、私にとっては国家試験でも満点じゃなくて60~70%くらいでも合格と見なされる…というのは、例えばエレクトーンの発表会などで些細なミスで落ち込んでしまいがちだったのですが、70%でいいじゃないか…と開き直れるきっかけになりそうな気がします。
 久しぶりの勉強は終わってみれば楽しかったし、思いがけないほどの家族の協力も嬉しかったです。
 今すぐは無理だけど、少しずつ勉強を積み重ねて、欲を言えば数年後にはケアマネも受けられるくらいになればいいのですが…。せっかくの勉強を現場で活かしながら、無理せず一歩ずつステップアップしたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。