どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

お弾き初め

 先週末はエレクトーンの『お弾き初め』がありました。『お弾き初め』というには、ちょっと時期が遅いのでしょうが、去年9月アンサンブルの発表会があったので1月ではあまりにキツイということで2月にしたようです。
 午前中からの発表会だったのですが、その前々日に降った雪がまだ残っていて、雪用の靴を履いていって会場で履き替えることに。道が悪いので、着くまでに疲れてしまった…と口々に言いながらスタート!

 同じ先生に習っている同士の内輪の発表会のせいか、とてもアットホームなのは良かったのですが、演奏につまづいて弾き直す人も多く、ホームな雰囲気ながらもソロの発表会ならではの緊張感もありました。オリンピックの真っ最中ということもあって、国民の期待を背負った選手達と比べるのも図々しいですが気分はアスリート、「やはり魔物が…」なんてコメントもありました。

 私の演奏曲目は喜納昌吉の『花』を高田和泉がアレンジしたもの。私としては最近になく完成度を高めて臨んだのですが、本番そんなに緊張したつもりはないのにイントロでやはりやってしまった弾き直し、その後もミスが多発して、「あれあれ」と慌てている一方、落ち着いている自分もいて修正しつつ大事故まではギリギリ至らなかったかな…ということで、自分に甘くて恐縮ですが、まずまずと思うことにします。
 何より、みんなの演奏を最前列でじっくり聴けて、たっぷり刺激を貰えたのが良かったです。

 演奏後は、みんなでお弁当を食べ、お屠蘇がわりということで日本酒まで出て、好きなのですが日本酒に弱いので迷いつつ、それでも結構飲んでしまいました。

 お弁当の後は書き初め。筆は苦手なので全然気がすすまなかったのですが、仕方なく書いてみると、思ったよりは書けたし、久しぶりの書道は予想外に楽しかったです。

 発表会が終わってホッとする間もなく、来月もちょっとしたイベントに参加することになって、一難去ってまた一難…もとい、嬉しい悲鳴で、今度はそちらの練習もしなくてはいけません。何年も前にレッスンした曲なので、ほとんど一からに近くて大変だけど機会を与えてもらえるのも有難いことなので頑張ってみたいです。
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

左手も脱力?

 首都圏には珍しい大雪が降っていて、外はものすごいことになっています。
 それなのに、うちのバカ娘は誰だかのコンサートがあると言って朝から東京に出掛けて行ってしまいました。交通機関の麻痺もありそうですが、帰宅は夜になる予定で無事に戻れるか気掛かりです
 更にダンナもスポーツクラブに出掛けてしまい、一人で家の中で雪を眺めています。

 気を取り直して、先日はエレクトーンとウクレレのダブルレッスン
 エレクトーン…ぼやぼやしているうちに発表会が間近になっていることに気づき、今更慌てています。
 タッチトーンをうまく効かせなければいけない部分が全然うまくいかないのと、カスタムボイスの重音で下の音が残ってしまいメロディが綺麗に弾けないのが2大悩みですが、細かいことをいえば心配事数知れず
 残すところ、あと1回のレッスン。やっとお尻に火がついてきたので、ほかの曲は封印して発表会に間に合わせたいです。

 ウクレレはシャッフルの2回目。コードは順調に覚えているのですが、弾いているうちにウクレレがグラグラして持ち直すのが大変です。
 そのことを先生に訴えたら、左手に力が入っているのが原因とのこと。左手が脱力できればコードチェンジももっとスムーズにいくそうです。
 右手の脱力は意識していたし、前よりだいぶできるようにもなってきたのですが、左手は音が綺麗に鳴るようにきちんと押さえなければ…と思い込んでいたので、脱力することは考えてもいませんでした。

 エレクトーンにもいえることだけど「脱力」と口では言っても、やろうとすると本当に難しい。
 右手より更に苦労しそうですが、今ウクレレ練習し終わると左手の親指が疲れてしまうのも力が入っているのが原因だと思うし、これができればひと皮むけそうなので、次のレッスンまで少しでもマシになるよう意識しながら練習したいです。
 でも、次のレッスンは月末なので、とりあえず発表会の迫ったエレクトーンを優先させたいです。 
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

バスケット編みマフラー

バスケット編みマフラー
 2月に迫った発表会を前にして毎週レッスン状態に入ったエレクトーンのレッスンの記事はいったん置いといて、冬といえば編み物
 そのほうが華奢に見えるのでは…という意図があるようで、娘から「ボリュームのあるマフラー」というリクエストを受けて作りました。

 …といっても、リクエストを受けたのは去年の冬の話で、一目ゴム編みを輪編みにして完成しかけていたのですが、ボリュームがあり過ぎてちょっとどうかなという不安も出てきて完成には至らず、今年に入ってデザインを変えて、一から編み直しました。
 編み物は本当に時間泥棒ですが、編んでいる時間が楽しいからいいんです。

 材料がいっぱいあるので新しいものはなるべく買わずに手持ちのもので楽しみたいということもあって、この毛糸を使ってしまうためと、本で見た時からこのバスケット編みをやってみたかった…という目的は何とか果たせたかな
 (バスケット編みは、縄編みというか交差編みを変形させて互い違いにしただけなので、わかってしまえば単純だけど、こういう編み地を考えた人ってすごいな~といつも思います)
 娘のリクエストにも、ボリューミーという点では過分に答えていると思うけど、1袋丸ごと10玉分編んだので、ちょっと重たいかな~でも、若い子って、制服の時なんかもあえてコートを着ないことも多いみたいだし、役に立つシーンもあることでしょう。

 編み物熱にエンジンが掛かったので、今度は私のものを編み始めてしまいました。これも去年作っていて途中になってしまったものに飽きてしまったので、デザインを変えて一から編み直しです。
 今年中に着られなくてもいいので、なんとか編み終わらなければ来年もまた同じことの繰り返しなので、仕上げるのが目標です。まあ、時間泥棒な編み物だし、編んでいるときが楽しいので、あまり一生懸命にならない程度に、楽しみつつ頑張りたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。