どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

『異邦人』

 昨日おとといと、エレクトーンを習っている教室の店頭イベントで歌の伴奏をしてきました。
 毎月先生が持ち回りで新しい曲集の曲を演奏するミニコンサートがあって楽しみにしているのですが、この頃生徒さんとコラボレーションする企画もあるみたいだな…と思っていたら、先月の発表会前あたりに先生から「次回は歌でやろうと思っている」と話があって、その時点では以前歌の伴奏をしたことがある『また君に恋してる』を演奏しないかという話かも…なんて思っていたのですが
 以前参加した教室仲間のホームパーティで『天城越え』の伴奏をしたときに、その時のメンバーで「次は『異邦人』をやりたいね」と話していたのが先生に伝わったらしく「『異邦人』だったらみんな知っているからやってもらおうと思って歌とカホンはOKを貰ってるんだけど、忙しかったら私が弾くからいいんだけどどうしますか」と聞かれて、一緒にやりたいメンバーとだったし断るのも惜しいので引き受けてしまいました。
 でも、『異邦人』をレッスンしたのは今の教室に移ったばかりの頃だから6年くらい前だし発表会が終わってから1ヶ月くらいで思い出せるか不安だったのですが、相性のいい曲だったのか、思っていたよりは早く思い出せて何とか間に合いました。

 カホンとは1回合わせていたのですが、おとといの本番前に初めて歌とカホンと揃えて合わせてみたら、他の曲で何回か合わせているせいかなかなかいい感じでまとまりました。
 ただこの曲、自分の演奏では歌がない部分…特に出だしのフレーズが難しくて最後まで不安が残ったし、実際本番でも少々トチリもあったのですが、ほぼ想定内で収めることができたし、楽しく演奏できたので良かったです。

 初日はお客さんも少なく、ほぼ同じ先生に習っている生徒さんばかりで「リハーサルだと思えば」と気楽に演奏できました。
 二日目は「エキシビジョンだと思おう」と臨んだのですが、今度はピアノ用の椅子まで借り出し立ち見も出る盛況で勝手が違って戸惑う部分もありました。でも、前の日演奏していたゆとりが良かったのか初日より出来が良かったと思います。
 他の曲を演奏したメンバーと一緒にリハーサルしたり演奏を聴き合うのも楽しくて、とてもいい経験ができました。
 大好きなこの曲を素敵な歌とカホンと合わせられて嬉しかったので、またメンバーが揃ったらいつでも合わせられるよう、忘れないように練習していきたいと思います。

 次のレッスンは半月後で、ちょっと一息つきます。このところイベント続きだったので、地道な練習にもどって地力を底上げしたいです。  
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

16ビートストローク

 3連シャッフルまで進んだウクレレでしたが、左手の脱力はいまだ厳しい状況で、急にはできそうもないと思ったか、先生がとりあえず16ビートか、あとひとつよくわからないテクニックかどちらかに進みましょうと提案してくれました。
 どちらでも良かったのですが、先生が、私にはピンとこないそのテクニックは「16ビートの後でないと9割の人が失敗します」とおっしゃるので、迷いなく「それでは16ビートからでお願いします」ということにしました。
 なるべく、回り道なく先に進みたいので

 16ビートは右手を大きく動かさずアクセントの部分以外は弦を全部は弾かず途中まで軽く弾いて、アクセントの部分だけ全部弾きます。アップダウンが混乱しやすいのと、どうしてもまた右手にも力が入るので脱力が難しいです。

 『いとしのエリー』と『島人ぬ宝』で練習中。どちらも好きな曲だから、カッコよく弾きたいですが、なかなかです
 コードチェンジも多い曲だしスピードをやや上げて弾くことで左手の脱力にも繋げるようにとのことで、課題山積み
 でも、ここをクリアすれば16ビートをカッコよく弾きこなせるようになり、まだ見ぬ新テクも身につけられそうなので、それを励みに頑張ってみようと思います。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

アラン模様の丸ヨークチュニック

IMG_0475.jpg 
 すっかりアップが遅くなってしまいましたが、娘のマフラーに引き続き編んでいたチュニックです。
 ネックから編み始める方法を試してみたくて、しかも袖付がないチュニックタイプのものを選んだので、私としては驚異的なスピード(…といっても10日ほどかかってます)で編めました。

 輪編みでぐるぐる編んでいくので閉じたりはいだりする部分も少ないし、襟ぐりや袖ぐりも編んだそばから始末をしてしまって、あとは自分の着丈まで編み進めればいいので、寸法が狂うことも少なくて、ストレスなく楽しく編めました。
 ビーズもそうですが、私は編み図の通りになぞって模様を再現することが単純に好きなので、アラン模様のようなタイプの編み地は意欲が沸いて飽きずに編めました。

 毛糸は高いイメージがあるし、編んだりほどいたり時間もかかるので遠ざかっていましたが、ミシンを取り出すハードルもないし、テレビ見ながら編めるし、今の自分の年代に合っている気がします。
 同じネックから編むやり方で、春物も編んでみたいな…と思い始めています。

Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

『エレハピライブvol.2』

 3月に入って、まず高校生の娘の卒業式がありました
 それなりにいろいろあった高校生活、まだまだ頼りないですが、少しは大人になったのかな…とも思います。何より、3年間皆勤賞で表彰されたのが頑張った証拠。4月からは大学生ですが、不器用にいろいろありながらも段々いい大人になれるといいな…というのが母の願いです。

 卒業式の翌日は、楽しみにしていた『エレハピライブ』。ブログ友達のチビまるちゃんが出演するので、去年に引き続き聴きに行きました。
 前回はバレンタインデーでしたが、今回はひな祭りの前日を意識して、ステージに菱餅カラーの台があって、その上にエレクトーンが置かれ、受付ではひなあられが配られていました。
 前回より洗練された照明やナレーション、生ドラムとの共演、そして、演奏者の表情やパフォーマンスも客席に伝わる堂々としたものでした。
 前回同様、当たりもかすりもしませんでしたが、クジ引きでぬいぐるみが当たる企画もあり、満員の会場も一体になって楽しめました。

 リーダーの川田祐子先生は演奏や司会だけでなく歌やイラストにも才能を発揮されていて、前回以上にパワフルで元気いっぱいでした。
 チビまるちゃんは前回は森ガール風におしとやかだったのが、今回はクラシックをラテン風にアレンジということで赤と黒の情熱的な衣装を身にまとい、変拍子のラテンのリズムをカッコよく演奏。自分のイメージを形にする才能と音楽の引き出しの多さ、深さを感じました。
 出演の皆さんの「エレクトーン大好き!」がそのまま伝わってくるステージに心を奪われ、おおいに刺激を貰えました。

 嬉しかったのは、もう一人ブログ友達のmahinaちゃんと一緒にこのライブを見られたこと。この日が初対面でしたが、お昼を食べながらいっぱい話ができて楽しかったです。
 満員みたいだから早めに会場に行こうと言っていたのに、「何回も行っているから」と自信満々だった私が道を間違えて迷子になってしまいました。方向音痴なのは自覚していたものの、まさかあれほどとは…とガックリしましたが、可愛らしい見かけによらずしっかり者のmahinaちゃんのお陰で何とか無事に辿り着くことができました。
 チビまるちゃんとmahinaちゃんに刺激を貰い、私も練習頑張りたいと思いました。とりあえず、今月のイベントに向けて練習したいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。