どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

ドイリーポンチョ

IMG_0656.jpg
 いつの間にかゴールデンウィークに片足突っ込んでいる感じで4月も大詰めですが、娘の大学入学があったり、それなのに娘が卒業した高校のPTAの引き継ぎで総会まで妙に忙しかったりで、バタバタしていたのもようやく落ち着いてきました。

 そんな中でも高まる手作り熱…中でも冬にチュニックを編んでから編み物づいていて、今度はかぎ針編みのポンチョです。
 このポンチョ、大きな丸いドイリーを2枚編んで、4ヶ所止め付けるだけ。
 2枚のうち1枚は去年編んでいて残り編み掛けで放っていて、もうほどいて別のものを編もうと思っていたのですが、編みかけていた物を見ていたら、ここまで編んで完成を見ないのも勿体無いな…と思えてきて、もう1枚のドイリーを編んで仕上げました。

 糸は元々娘が生まれる前に買ったものなので、ようやく日の目を見た感じです。何だか、思ったよりゴージャスな仕上がりになってしまって気恥ずかしい気もしますが、今どきはこういうポンチョ風なのも有りかな…と思うので、コーディネイトを考えて活用したいです。
 上の写真では、以前作ったシャツと、淡水パールのネックレスと組み合わせてみました。

 michiyoさんの本を見て作ったのですが、次は同じくmichiyoさんデザインのNHK『すてきにハンドメイド』でやっていたベストを編んでみたいです。(…と宣言しておけば、挫折せず完成まで持っていけると思うので
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

『STARS ON ICE』

 実は私、昔からフィギュアスケートが大好きで、古くは伊藤みどりのオリンピックのトリプルアクセル成功や長野オリンピックでの荒川静香も熱心に応援していました(もちろん、その後のトリノオリンピックも)
 …とは言っても、4回転の回転不足なんかは全然見分けられないし、ジャンプの種類もおぼつかないし、ただ綺麗なので好きというだけのド素人ですが、イベント好きなのでソチオリンピックのフィギュアでは私もおおいに盛り上がりました。
 
 羽生くんは娘と歳も近いし同郷でもあるので息子のように心配で、ソチのフリーの演技も怖くて見られず「いい演技ができますように」と祈りつつ寝てしまって、夢の中では羽生くんが転倒してパトリックチャンが1位、高橋大輔が2位、羽生が3位だったんだけど、起きてテレビを見たら転倒はしたけれど後半盛り返して金メダルだったので驚いた話を周りにしたら「いい歳をしてバカじゃないの」とからかわれました。

 真央ちゃんは昔から人気者すぎたせいか、オリンピックの前などはスポーツ音痴の娘に「トリプルアクセルの呪縛」について偉そうに解説したりしていたくらい冷めていたのですが、オリンピックのショートのミスを受けて、フリーの時はたまたま起きていられたので「応援しよう」とライブでテレビ観戦していたら、圧巻の演技で「今までの頑張りはこの演技がしたかったからなのね」とその瞬間を目の当たりにできて私まで幸せでした。

 そんなこんなでソチオリンピックや日本での世界選手権でフィギュア界も私も盛り上がっているときに、なんとスケートショーのお誘いが…
 まさか、生でフィギュアスケートを見られる日が来るとは思いませんでした。
 浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子、羽生くんや町田くん、織田くんに小塚くん、パトリック・チャンやコストナー、ソトニコワ、そして荒川静香まで、文字通り並み居るスター選手たち出演のスケートショーにまさに夢見心地(ここに高橋大輔がいてくれたら文句無しなんだけど、そこまでいうのは欲張りすぎるというものですよね

 オペラグラス片手に競技の時とはまた違って楽しそうな選手達の表情を見るのも楽しかったし、ジャンプが成功するとどよめく会場との一体感を味わうのも楽しかったです。
 日本人選手がみんなで一つの曲を滑るプログラムもあったのですが、好きな選手を目で追っていると違う選手のジャンプに拍手が起こっていたりして、盛り沢山でどこを見たらいいかわからない贅沢な悩みもありました。
 解説つきで見るテレビでのフィギュア観戦もまた楽しいですが、ライブでスター選手達と場を共有できる嬉しさはまた格別でした。

 『STARS ON ICE』は明日、4/16(水)テレビ東京で18:57~テレビ放映されるそうです。
 この放送を見ながらショーの余韻に浸るのも、また楽しみです。
 ますますフィギュアスケートが大好きになりそうです。
Posted by とんとこ   4 comments   0 trackback

パールビーズのネックレス

IMG_0533.jpg IMG_0566.jpg
 立て続けにパールビーズのキットでネックレスを作りました。
 この春大学に入学した娘が入学式用のスーツを選んだとき、どうしても、いわゆるリクルートスーツがピンとこなかったらしく、結局ショールカラーのスーツを選んだので、衿元に少し華やかさが欲しいな…と思い、作ってみました。
 セレモニーなので、一応パールを選びました。
 入学式には、左側のシンプルなタイプをしていきましたが、もう一つも活用してもらえれば…と思います。

 入学式、私も行ってきましたが、今時は大学でなく東京の大きなホールを借りてやることにまずビックリ
 校歌の練習をしてからスタートした入学式、盛り沢山で楽しめました。
 音楽のコースもあるキリスト教系の大学なので、大学自前の合唱団やオーケストラの演奏や教授のオルガンやトランペットの演奏で賛美歌などを聴いたり、一緒に歌ったり、聖書の朗読を聞いて、親も改まった気持ちになれました。
 第二部では、打って変わって学生さんたちのチアリーディングに目を丸くしたり、楽しい入学式でした。
 娘はまだ緊張のほうが大きいようですが、やりたい勉強をしつつも、一見無駄な時間もたくさん過ごせるのも大学生の醍醐味、いろいろな出会いを経て、自分とも向き合いつつ、成長していってほしいと願っています。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

壁乗り越え中?16ビート♬

 今日はウクレレのレッスン。
 最初の頃は大変順調だったウクレレだけど、16ビートに入ってから急に立ちはだかった壁…

 8ビート辺りまではできていなくてもできているような気になれた脱力が、16ビートになるとできていないことが明白になってしまったのが原因でしょうが、できた気になっていた右手ばかりか、しっかり押さえないと音が出ないと思っていた左手まで脱力するように言われてすっかり混乱
 正直なところ「そんな無茶な」と思いながらも、それでも練習していたら、あれ?レッスン当日の今日になって、「何となくわかってきたような気がする」とふと思える瞬間がありました。
 右手の手首をブラブラするというのが、やっているつもりでも力が入ってダメだったんだけど、あれ、こういうことかな?と実際やってから気がついた感じ。
 それに伴い、「あれ、もしかしてこんな感じ?」と左手も「できた」とまではいかないけど、気づけばコードチェンジとともに手首の向きやポジションが前と比べると柔らかく変えられるようになった気がしました。

 でも、なにぶんレッスン当日のこと
 昨日まではどうやっても力が入ってダメだったので、できた気がしただけでも見つけものですが、欲を言えば数日前にできて練習で定着させてからレッスンに臨みたかったです。
 レッスンで緊張したらどうかな~と思って心配ながらもゆっくり演奏してみたら、先生に「余裕がありそうだから、もっと速くやってみましょう」と言われて、速めに弾いてみたらすんなりできました。
 そうはいっても先生には「真面目すぎてノリがイマイチだからアクセントのところ以外はもう少しテキトーに」と言われましたが、前回までと比べて随分良くなったとも言ってもらえました。
 B7やDmなどの音が出にくかったコードのポジションや手の形なども、今日は不思議と先生の話がスっと飲み込めて納得がいきました。

 今回のレッスンは、壁の先が見えかけたところでタイムリーに背中を押してもらえたような感覚で、とても有意義でした。
 もちろん、まだまだ音は出ていないし、これができたら、また次の課題が待っているのは承知の上で、こういう瞬間を味わえるのが楽器を習う醍醐味だな…なんて思えました。

 新曲は、いきものがかりの『ありがとう』。わかりかけたことを定着させて、次の課題に備えられるよう、いっぱい練習したいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。