どさくさ紛れのお楽しみ

どさくさ紛れに過ぎていく毎日だけど、ささやかなお楽しみも大事にしたい。本を読んだり、好きな曲を聴いたり、エレクトーン弾いたり、何かちょこちょこ作ったり…。そんなお楽しみが明日の元気の素!
Posted by とんとこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by とんとこ   2 comments   0 trackback

ウクレレ&ウクレレ!

 先月に続き、ウクレレのアンサンブルと個人レッスンが続けてありました。

 アンサンブルのほうは、8月のウクレレピクニックを目指しての練習です。全部で3回のレッスンなので、初めての人もいるのに、なかなかのハイペースでレッスンは進みます。
 前回はダウンストロークだけだったのが、今回はダウンとアップを組み合わせてバージョンアップした伴奏形になりました。
 本番は立って弾くということで、コンサートタイプの私のウクレレをキープするのが少々しんどいので、今回からストラップを使ってみました。お陰で少しは楽で弾く方に集中できました。
 もう一つの悩みはハワイ語の歌詞、5番まであるので全く覚えられず、仕方ないので楽譜のハワイ語の歌詞にカタカナでルビを振って誤魔化す作戦に出ましたが、字が小さすぎて見づらく、歌を頑張るとコードが無茶苦茶になって大変でした。
 でも、みんなで合わせる楽しさは格別。
 次回が最終レッスン。上手くまとまるか心配ですが、頑張って練習したいです。

 個人レッスンのほうも、ソロに進み、曲らしくなってきたので楽しいです。
 ソロ曲でもコードを意識して弾いて、次の音もよく見て、指使いを考え、指をやたらと離さず次に活かせる部分は活かす。難しいです。
 左手が硬く手首の向きが悪いこと、脱力できていないことが問題のようでしたが、もう一つ「弦はいつ替えましたか?」と聞かれ、買ってすぐLowGにしてから一度も替えてないので、それも原因で音が悪くなっているようです。
先生曰く、最低でも半年に1回、なるべく3ヶ月に1回は替えないといけないそうです。
 次回のレッスンで弦を替えましょうということになっています。ウクレレピクニックに向けても必要だと思うので、ちょうど良かったです。
 ソロのレッスンもアンサンブルと同じようにハワイアンソングが中心になってきました。牧伸二の『あ~、やんなっちゃった』の元歌『タフワフワイ』も練習中。今のところ一生懸命頑張って力が入ってしまいますが、脱力してゆる~く弾けるようになりたいです。
スポンサーサイト
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

『華麗なる一族』終了『アナ雪』スタート!

 久しぶりにエレクトーンの記事書いてみます。
 この頃は面白い盛りのウクレレの記事に負け気味ですが、決してサボっていたわけでなく2週間に1回ペースでちゃんとレッスン行ってましたよ。

 ただ、あまりに進展がないのでいちいち記事にしなくても…という感じだったのが、ようやく合格が出ました。『華麗なる一族』です。
 以前アンサンブルでやって気に入って、月エレに載っていたソロバージョンを軽い気持ちで始めました。イントロのスケールっぽいフレーズがアンサンブルの私のパートと同じだったので忘れないうちに…という気持ちもあったのですが、それ以外の部分も弾いてみると案外難しく、結構時間が掛かってしまいました。

 1曲分空いたので、今度は今ブームの『アナと雪の女王』から『レット・イット・ゴー』。
 先日遅ればせながら映画も見てきました。3D吹き替えで観たのですが、映画なんて滅多に見ないこともあって、綺麗な別世界にうっとり。子供の頃に読んだ雪の女王も切り口を変えるとこうなるんだ…とすっかり夢中になりました
 映像とともにやはり音楽も素晴らしく、頭の中をリフレインしています。松たか子ももちろんですが、聖子ちゃん世代なこともあって、神田沙也加ちゃんがとても素晴らしいセリフと歌を披露してくれたのが嬉しかったです。
 映画の興奮が冷めやらぬうちに…ということで月エレにのっていたピアノとのデュエットバージョンをレッスン開始しました。ピアノのパートもXGで出るので自宅でもアンサンブルが楽しめます。速く弾けるようになって楽しく演奏したいです。
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

バラ園

 うかうかしているうちに梅雨入りしてしまって、しかも梅雨入り依頼随分激しい雨続きでウンザリ気味です。

 憂さ晴らしに、先週家族と行ったバラ園で撮った写真をアップしてみます。前々から気になっていたのですがなかなか行けず、やっと行ってみたら想像以上の規模に驚きました。好きな場所がまた増えました。

 毎年春と秋の花の時期に公開だそうで、春はもう終わりですが、是非秋の花が咲き始めの頃にまた行ってみたいと思ってます。
IMG_0829.jpg IMG_0892.jpg

IMG_0937.jpg IMG_0952.jpg

IMG_0959.jpg IMG_0976.jpg

IMG_0979.jpg IMG_0963.jpg

IMG_1040.jpg IMG_1062.jpg

IMG_0996.jpg IMG_1015.jpg
Posted by とんとこ   0 comments   0 trackback

『モンゴメリと花子の赤毛のアン展』

 元々朝ドラ好きな私ですが、今回の『花子とアン』は一際楽しみにしていました。

 子供の頃は文学少女だった私は、『赤毛のアン』とそのシリーズが大好きで、小学生の頃から繰り返し読んでいました
 モンゴメリでは『エミリー』のシリーズや『パットお嬢さん』、他にも『スウ姉さん』や『パレアナ』などの少女小説を訳した村岡花子さんの名前にはずっと親しんでいたので、村岡花子がヒロインなんて、NHKさんありがとう、私のために…なんて勘違いして喜んでいます。

 ドラマのほうは視聴率好調みたいで、村岡花子の話に林真理子の小説で読んでいた白蓮の話も絡めて面白く、どちらかというと苦手だった吉高由里子も白蓮役の仲間由紀恵もはまり役で今後の展開が楽しみです。

 赤毛のアンや村岡花子、そして原作者のモンゴメリのことをもっともっと知りたくなり、三越百貨店で開催されている『モンゴメリと花子の赤毛のアン展』を見てきました。
 モンゴメリ、村岡花子、赤毛のアンのコーナーに分かれ、見応えたっぷりでした。
 モンゴメリの手芸作品は見事で、趣味の写真も素晴らしく、スクラップブックも真似したくなるくらい素敵に作られていて、趣味の共通点を感じて今まで以上に憧れが強まりました。
 村岡花子は寄宿生時代の勉強ぶりや、教師を皮切りに、翻訳をはじめとする文筆業、編集業、ラジオまで多岐に渡る仕事ぶりに圧倒されました。
 どちらも成功ばかりでないその奥深い人生を知り、もっともっと興味が出てきました。
 本を何冊か買ってきたので、これから読むのが楽しみです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。